第六章 貧乏社会こそ天国

悪魔を信じながら神を容認するのが、真理です。
地獄を信じながら天国を容認するのが、真理です。
言い換えれば、
悪魔を信じながら神を容認するのが、自然社会の本質です。
地獄を信じながら天国を容認するのが、自然社会の本質です。
更に言い換えれば、
悪魔を信じながら神を容認するのが、貧乏の本質です。
地獄を信じながら神を容認するのが、貧乏の本質です。
まさに、
悪魔を信じながら、神を容認し、
地獄を信じながら、天国を容認しているのが、真理である証左です。
まさに、
悪魔を信じながら、神を容認し、
地獄を信じながら、天国を容認しているのが、自然社会の本質である証左です。
まさに、
悪魔を信じながら、神を容認し、
地獄を信じながら、天国を容認しているのが、貧乏の本質である証左です。
では、
この事実は、一体何を示唆しているでしょうか?
まさに、
貧乏社会こそ、天国に他ならない証明なのです。