笑う日々

はじめに

一喜一憂は喜怒哀楽の簡潔版です。
喜怒哀楽とは人間の感情を表わしています。

般若の面は 四次元の世界を顕す
人の心を表わす般若の面
般若の眼は濡れている
喜びの涙か 怒りの涙か
哀しみの涙か 楽しい涙か
般若の口は笑っている
喜びの笑いか 怒りの笑いか
哀しみの笑いか 楽しい笑いか
いや それが 人の浅はかさ
般若は 同時に喜怒哀楽
今 ここ 喜び怒り哀しみ楽しむ
ひとつでも欠けたら般若にはなれない
人は浅はかにも喜びと楽しみを求める
人は愚かにも怒りと哀しみを避ける
求めれば それは逃げる
避ければ それは追いかける
般若は それを 教えている

拙著・短編推理小説「般若」のプロローグの詩であります。
笑いと涙が喜怒哀楽の感情すべてを洗い流してくれます。
涙は笑いにつきものです。
笑いではじまり笑いで終る今日一日を笑いの涙で洗い流しましょう。

平成17年2月10日    新 田   論



笑う初日 笑う五十一日目
笑う二日目 笑う五十二日目
笑う三日目 笑う五十三日目
笑う四日目 笑う五十四日目
笑う五日目 笑う五十五日目
笑う六日目 笑う五十六日目
笑う七日目 笑う五十七日目
笑う八日目 笑う五十八日目
笑う九日目 笑う五十九日目
笑う十日目 笑う六十日目
笑う十一日目 笑う六十一日目
笑う十二日目 笑う六十二日目
笑う十三日目 笑う六十三日目
笑う十四日目 笑う六十四日目
笑う十五日目 笑う六十五日目
笑う十六日目 笑う六十六日目
笑う十七日目 笑う六十七日目
笑う十八日目 笑う六十八日目
笑う十九日目 笑う六十九日目
笑う二十日目 笑う七十日目
笑う二十一日目 笑う七十一日目
笑う二十二日目 笑う七十二日目
笑う二十三日目 笑う七十三日目
笑う二十四日目 笑う七十四日目
笑う二十五日目 笑う七十五日目
笑う二十六日目 笑う七十六日目
笑う二十七日目 笑う七十七日目
笑う二十八日目 笑う七十八日目
笑う二十九日目 笑う七十九日目
笑う三十日目 笑う八十日目
笑う三十一日目 笑う八十一日目
笑う三十二日目 笑う八十二日目
笑う三十三日目 笑う八十三日目
笑う三十四日目 笑う八十四日目
笑う三十五日目 笑う八十五日目
笑う三十六日目 笑う八十六日目
笑う三十七日目 笑う八十七日目
笑う三十八日目 笑う八十八日目
笑う三十九日目 笑う八十九日目
笑う四十日目 笑う九十日目
笑う四十一日目 笑う九十一日目
笑う四十二日目 笑う九十二日目
笑う四十三日目 笑う九十三日目
笑う四十四日目 笑う九十四日目
笑う四十五日目 笑う九十五日目
笑う四十六日目 笑う九十六日目
笑う四十七日目 笑う九十七日目
笑う四十八日目 笑う九十八日目
笑う四十九日目 笑う九十九日目
笑う五十日目 笑う百日目