第三十六章 人生の妙は一文字違い

最初の過去である誕生、すなわち、始点は確定している。
なぜなら、
点は実在するからです。
一方、
最後の未来である死、すなわち、終点も確定している。
なぜなら、
点は実在するからです。
他方、
途中の過去、途中の未来、すなわち、『今、ここ』を除いた(不在概念である)すべての円周は不確定である。
なぜなら、
円周は映像だからです。
そして、
すべての円回帰運動を描いている実体は、『今、ここ』という点であり、すべての円周である現在は、『今、ここ』という点の描いた映像(不在概念)に他なりません。
従って、
最初の過去である始点という誕生と、
最後の未来である終点という死を除いた、
すべての円周である過去と未来は自由自在に変えることができるのです。
そうすれば、
悩みや四苦八苦の人生は解消されます。
つまり、
悩みや四苦八苦の原因は、不確定要素にあります。
逆に言えば、
確定要素になれば、悩みや四苦八苦など無縁になるのです。
平たく言えば、
“どうなるのかわからないものはどんなことでも悩むのです”
“どうなるかわかるものはどんなことでも悩まないのです”
人生の妙は一文字違いで天と地の違いが生じるほど微妙なタッチなのです。
ここが一番大事なところです。