第三十四章 過去・未来は現在の不在概念 & 現在は『今、ここ』の不在概念

過去→現在→未来ではなくて過去←現在→未来だった。
そして、
瞬間という現在などなくて一瞬という『今、ここ』だった。
まさに、
瞬間という現在は一瞬という『今、ここ』の不在概念だったわけです。
言い換えれば、
線という円周は点の不在概念だったわけです。
そうしますと、
先述したように、
過去・未来=幸福・健康
現在=不幸・病気
ですから、
過去・未来は現在の不在概念に他なりません。
更に、
現在は『今、ここ』の不在概念に他なりません。
まさに、
我々人間が幸福・健康を追い求め、不幸・病気を避けて生きていることが、二重の錯覚であることの証明です。
言い換えれば、
我々人間は自覚症状のない音痴に成り下がっていることの証明です。
そういう方々こそ、
イエス・キリストを十字架に架けた張本人であることに気づかなければなりません。
イエス・キリストを十字架に架けた問題は、キリスト教徒だけの問題ではなく、全人類の問題だったのです。