第二十六章 『今、ここ』=非思量 & 過去・未来=思量 & 現在=不思量

意識の世界が映像世界である。
一方、
非意識の世界が実在世界である。
では、
無意識の世界は映像世界なのでしょうか?
若しくは、
無意識の世界は実在世界なのでしょうか?
道元流で言い換えれば、
思量の世界が映像世界である。
一方、
非思量の世界が実在世界である。
では、
不思量の世界は映像世界なのでしょうか?
若しくは、
不思量の世界は実在世界なのでしょうか?
まさに、
錯覚の人生か?
気づきの人生か?
の分岐点がここにあります。
大抵の人間は非意識と無意識を同じと錯覚しています。
大抵の人間は非思量と不思量を同じと錯覚しています。
一方、
非意識と無意識はまったく別で、意識と無意識は同じ(本質的に)であることに気づいている人はほとんどいません。
非思量と不思量はまったく別で、思量と不思量は同じ(本質的に)であることに気づいている人はほとんどいません。
従って、
大抵の人間は『今、ここ』と現在を同じと錯覚しています。
一方、
『今、ここ』と現在はまったく別で、過去・未来と現在は同じ(本質的に)であることに気づいている人はほとんどいません。
まさに、
『今、ここ』=非意識=非思量に他なりません。
一方、
現在=無意識=不思量に他なりません。
過去・未来=意識=思量に他なりません。