第二十五章 『今、ここ』=非思量

昼間起きているいわゆる現実の世界も、夜間眠っている夢の世界も本質的には時間に支配される映像世界である。
そして、
映像世界である昼間起きているいわゆる現実の世界、および、映像世界である夜間眠っている夢の世界、これらは意識のある世界です。
言い換えれば、
意識の世界が映像世界である。
一方、
夜間熟睡している世界が実在世界であり、意識のない世界です。
言い換えれば、
非意識の世界が実在世界です。
まさに、
般若心経の色即是空、空即是色の色が意識のある映像世界に他なりません。
般若心経の色即是空、空即是色の空が非意識の実在世界に他なりません。
道元禅師の「正法眼蔵」の中にある「不思量底を思量する是即非思量」とは、
まさに、
過去・未来に想いを馳せることをしないようにすると自然に『今、ここ』の世界になるということです。