第十三章 『今、ここ』宇宙

“何事にも始まりと終わりがある”
どうやら、
我々人間が常識中の常識としてきた考え方を見直さなければならない。
一方、
我々人間がこれから常識としなければならない考え方が、
“何事にも始まりも終わりもない”である。
では、
始まりも終わりもない世界(宇宙)とは一体どんな世界(宇宙)なのでしょうか?
時間に支配されない世界(宇宙)こそが、始まりも終わりもない世界(宇宙)に他なりません。
更に、
“何事にも始まりも終わりもない”という考え方を言い換えれば、
“何事にも過去も未来もない”という考え方でもあるわけです。
では、
過去も未来もない世界(宇宙)とは一体どんな世界(宇宙)なのでしょうか?
現在の世界でしょうか?
そうではありません。
なぜなら、
過去→現在→未来へと一方通行で流れる「心理学的時間の矢」の現在とは過去でもあり、未来でもあるからです。
では、
過去も現在も未来もない世界(宇宙)とは一体どんな世界(宇宙)なのでしょうか?
まさに、
『今、ここ』の世界こそ、始まりも終わりもない世界(宇宙)に他ならないのです。
まさに、
『今、ここ』の世界こそ、時間に支配されない世界(宇宙)に他ならないのです。