第三十九章 大化改新の正統性(正当性)

歴史は時の為政者によって捏造されます。
為政者とは支配者のことです。
支配者がいるということは、被支配者が必ずいるということです。
支配・被支配二層構造の社会があるということです。
支配者が歴史を捏造する目的は、自己の正統性を子子孫孫まで伝えたいからです。
自己の不当性を正当化するために歴史を捏造する。
為政者の正統性とは、彼らの不当性を正当化する騙りの方便であり、歴史書とは「騙り書」以外の何者でもありません。
“賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ”
ドイツの鉄血宰相ビスマルクの言葉ですが、この言葉こそ「騙り」以外の何者でもありません。
“賢者は経験から学び、愚者は歴史から学ぶ”
これが真理です。
歴史は知識、つまり、頭の話です。
経験は知恵、つまり、体の話です。
小さな子供にセックスの話をしても、それは所詮、知識レベル、つまり、頭の話であって、経験がなければ無意味です。
体が熟成していなければ経験しようもありません。
同じように、国家も経験をするには、国家が熟成していなければ経験しようもない。
国家の熟成度は、国民のレベルに掛かっています。
世襲・相続の差別制度は、支配・被支配二層構造の社会にとって、必要不可欠のものであり、この体制を堅持するための道具が「歴史」なのです。
聖徳太子は、日本の歴史の中心人物であり続けています。
彼の胸の内にあったのは、“賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ”にあったのか、将又、“賢者は経験から学び、愚者は歴史から学ぶ”
にあったのか。
「大化改新」が聖徳太子を肯定する出来事であったのか、否定する出来事であったのか、それを判断するのは、わたしたち日本人ひとり一人の責任なのです。