聖徳太子

はじめに

聖徳太子と言えば、「十七条憲法」が余りにも有名になり、彼のもうひとつの偉業である「冠位十二階」の制定は忘れられていますが、「十七条憲法」と共に、「冠位十二階」制定の狙いに焦点を絞らなければ、聖徳太子の実像に迫ることは出来ません。
当時の朝廷の役人の役職や官位は世襲(セシュウ)制によって、親から子に受け継いで行く習慣でした。
古代から連綿と引き継がれてきた血縁・地縁の氏姓制度が世襲制度を生み、そのために高い位や役職についている一族の家に生まれないと出世出来ませんでした。
儒教精神が根付いている社会だったわけです。
ところが、聖徳太子は、家柄には関係なく、「人材登用」により優れた能力を持っている人を、その人に限って(一代限り)重く用いました。
役人の位を12に分け、冠に色帯をつけて一目で分かるようにしました。
大 徳 (濃い紫) ・ 小 徳 (薄紫)
大 仁 (濃い赤) ・ 小 仁 (薄い赤)
大 礼 (濃い青) ・ 小 礼 (薄い青)
大 信 (濃い黄色) ・ 小 信 (薄い黄色)
大 義 (濃い白) ・ 小 義 (薄い白)
大 智 (濃い黒) ・ 小 智 (薄い黒)
仏教精神に基づいた社会を目差したわけです。
中国では、科挙制度に基づく実力主義の「人材登用」が国家形成の基礎とされた、所謂「易姓革命」の社会であり、聖徳太子の理想国家像は将に当時の中国、すなわち、隋であったのです。
「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」(日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々)
聖徳太子が小野妹子を遣隋使として派遣した際に持参させた隋の皇帝・煬帝に宛てた書状です。
「日本」という国を「日出ずる処」とした聖徳太子は一体何者でしょうか。
日本列島という島国の飛鳥地方で生まれ育った彼が、なにゆえ、日本という国が「日出ずる処」、すなわち、東の果ての地であることを知っていたのでしょうか。
紀元前13世紀末から前9世紀にかけて地中海東部に栄えたフェニキア人が、彼らの国から東の方はフェニキア語で“Açu(日の出る国)”と呼んだのが“アジア”の語源であり、彼らの国から西の方を“Ereb(日の没する国)”と呼んだのがヨーロッパの語源であります。
ユーラシア大陸のことを知っていない限り、日本という地が東の果て、つまり、“Açu(日の出る国)”であることをわかるべくもなかった筈です。
ところが、彼は「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」(日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々)という書簡を中国の皇帝に送った。
聖徳太子とは一体何者であったのか。
この鍵を解くことが、本書の目的であります。

平成18年11月17日   新 田  論

第一章 国家の夜明け 第五十一章 楠木正成の銅像
第二章 救世観音(聖徳太子)の祟り 第五十二章 聖徳太子の紙幣の意味
第三章 司馬達等と達頭汗 第五十三章 聖徳太子は暗殺された
第四章 物部一族 第五十四章 易姓革命の申し子
第五章 「天皇」という称号 第五十五章 須佐之男命と聖徳太子
第六章 「万世一系」という騙り 第五十六章 現代社会こそ必要な聖徳太子
第七章 「万世一系」のヒビ 第五十七章 的を射た冠位十二階
第八章 「穴穂」の謎 第五十八章 聖徳太子の復活
第九章 「間人」の謎 第五十九章 「人民」の重み
第十章 聖人伝説 第六十章 貨幣制度の崩壊
第十一章 聖書伝来 第六十一章 脅迫観念に陥った大衆
第十二章 天皇家の血 第六十二章 業病を癒した聖徳太子
第十三章 聖徳太子正体の鍵を握る人物 第六十三章 現代社会の業病
第十四章 日本神道=キリスト教 第六十四章 人間最大の業病=悪意
第十五章 紀元節(建国記念日) 第六十五章 人間最大の持病=錯覚
第十六章 日本の高祖 第六十六章 滅私の大切さ
第十七章 平城京と平安京 第六十七章 おぞましい現代社会
第十八章 奈良と京都 第六十八章 回帰する時代
第十九章 国際都市・京都 第六十九章 裏交渉が歴史をつくる
第二十章 聖徳太子の地球儀 第七十章 天皇家の秘密
第二十一章 国際人・聖徳太子 第七十一章 明治以降の天皇家
第二十二章 仏教の伝来 第七十二章 明治維新の真の意味
第二十三章 歴史観の警鐘 第七十三章 系図の騙り
第二十四章 神道=仏教=キリスト教 終章 世界の終り(The end of the world)
第二十五章 新しい日本
第二十六章 十七条憲法
第二十七章 悪意の日本歴史
第二十八章 民衆と役人
第二十九章 普遍的な十七条憲法
第三十章 信用の大切さ
第三十一章 宇宙観の第十条
第三十二章 モーゼの律法でもある十七条憲法
第三十三章 支配・被支配構造の人間社会
第三十四章 国際人・聖徳太子(2)
第三十五章 普遍的な十七条憲法(2)
第三十六章 蛙の面に小便の政治家・役人
第三十七章 日本の歴史の化けの皮
第三十八章 聖徳太子の影
第三十九章 大化改新の正統性(正当性)
第四十章 架空の人物
第四十一章 隠された真実
第四十二章 同朋の陰謀
第四十三章 個人の見識
第四十四章 祭政一致
第四十五章 仏教と景教
第四十六章 聖徳太子=イエス・キリスト
第四十七章 万教同根の元祖
第四十八章 訳の分からない国
第四十九章 複数の皇祖神
第五十章 明治以降の天皇家