41.二元論的進化論

紀元前の時代の古代ローマでは、すでに共和制社会が実現していた。
ところである。
現在、国連が承認している国の数は193あり、その中、立憲君主制国家が22あり、北朝鮮を筆頭に独裁国家がおよそ50、残りの121が共和制国家なのである。
この事実は一体何を意味しているのだろうか?
従来の歴史時代区分法では、
古代奴隷時代→中世封建時代→近代・現代民主主義時代と進化してきたと主張してきたが、上記の事実から、一元的(絶対的)に進化してきたのではなく、しょせん、二元的(相対的)に進化してきたに過ぎなかったのである。
言い換えれば、
進化している功的側面と、逆に退化している罪的側面の功罪両面(二元的)進化論に過ぎなかったのである。