33.新社会の特徴(6)

"先ず他者がよければいい"という考え方で生きてゆく結果、人間社会は逆さま社会から正さま社会に戻る。
そして、
支配・被支配二層の差別がなく、世襲・相続の差別慣習のない社会になる。
そして、
男性社会から女性社会になる。
そして、
宗教・科学が消滅する社会になる。
そして、
差別・不条理・戦争の一切ない社会になる。
そうすると、
悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖の一切ない一生を送れる社会になる。
なぜなら、
平等・公正・平和な社会は、悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖の一切ない社会だからである。