27.旧社会 対 新社会

旧(従来の)社会で生きてきた古い(従来の)人類は、“自分さえよかったらいい”という考え方で生きてきたのである。
その結果、
支配・被支配二層構造の世襲・相続の差別社会になってしまったのである。
その結果、
男性社会になってしまったのである。
宗教・科学が消滅する社会になるだろう。
その結果、
差別・不条理・戦争を繰り返す社会になってしまったのである。
そして詰まるところ、
悩みや四苦八苦、挙句の果ての死の恐怖に苛まれる一生を送る羽目に陥ったのである。
一方、
新(新しい)社会で生きていく新しい人類は、“先ず他者がよければいい”という考え方で生きてゆくだろう。
その結果、
支配・被支配二層構造の世襲・相続の差別のない社会になるだろう。
その結果、
女性社会になるだろう。
その結果、
差別・不条理・戦争の一切ない社会になるだろう。
そして詰まるところ、
悩みや四苦八苦、挙句の果ての死の恐怖の一切ない一生を送るだろう。