21.真のグローバリゼーション

我々人間の大人だけになぜ悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖に苛まれる人生が待ち受けているのだろうか?
まさに、
人間社会だけに差別・不条理・戦争があるからだ。
逆に言えば、
差別・不条理・戦争が人間社会からなくなれば、我々人間の大人も、人間の子供や、自然社会の生きもののように、悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖に無縁な一生を送れる。
では、
人間社会だけになぜ差別・不条理・戦争があるのだろうか?
まさに、
自分と他者との間に区分け意識があるからに他ならない。
逆に言えば、
自分=他者の意識(自他の区分け意識のない状態)になれば、差別・不条理・戦争もなくなるだろう。
まさに、
自分=他者の意識(自他の区分け意識のない状態)とは、グローバリズム(地球意識)に他ならない。
そして、
差別・不条理・戦争の一切ない人間社会にするためのグローバリゼーションが真に実現するには、193ある国家がすべて共和制になっていることが最低条件である。
50ある独裁国家のみならず、22ある立憲君主制国家もなくならない限り、差別・不条理・戦争の一切ない人間社会などしょせん見果てぬ夢物語に過ぎないだろう。