素数は無限に存在するか

今から2300年前のギリシャで、ユークリッド幾何学で有名なエウクレイデス・ユークリッドという数学者が、素数も自然数と同じように無限にあることを証明しました。
その証明を下記検証していきましょう。
先ず、素数とは数の原子のようなもので、まさに、文字通り、数の素になるものだ。
「1よりも大きく、1と自分自身では割り切れるが、それ以外の数では割り切れない数」のことだ。
あらゆる正の整数、すなわち、自然数は、この素数のかけ算で表現できるから、「数の原子」と呼ばれ、すべての数(自然数)は素数で割り切れる。
そこで、
素数が無限であることの証明を、ユークリッドは展開していきました。
異なる素数q1、q2、q3、・・・qnを使って、次のような数Nをつくることができる。
N=q1*q2*q3*・・・*qn +1
この数Nは、q1、q2、q3、・・・qnのどの素数でも割り切れない。
なぜなら、
どの素数で割っても、q1*q2*q3*・・・*qnの部分は割り切れるが、1が余るからである。
従って、
(1)Nはq1、q2、q3、・・・qnと異なる素数である。
若しくは、
(2)Nはq1、q2、q3、・・・qnと異なる素数で割り切れなければならない。
以上(1)と(2)から、
1、q2、q3、・・・qn以外に新しい素数qn+1があることになる。
これを繰り返すと、次々と新しい素数qn+2、qn+3、qn+3、qn+4・・・が見つかることになる。
つまり、
素数は無限にあることがわかる。

たとえば、
N=3*5 +1=16という数で考えてみましょう。
16=2*2*2*2、つまり、3、5以外の素数2で割り切れます。
また、
N=3*5*7+1=106という数で考えてみましょう。
106=2*53、つまり、3、5、7以外の素数2と53で割り切れます。
一見、論理的ではある。
だが、ここで、1、2、3・・・n、n+1という数字は自然数であることに注目しなければならない。
つまり、
1、2、3・・・n、n+1という数字は自然数であり、素数ではないのです。
言うまでもなく、
自然数=素数 + 合成数で構成されている、人間が編み出した数である。
1、2、3、4、5、6、7、8、9という自然数の中で、4=2*2、6=2*3、8=2*2*2、9=3*3は素数のかけ算で合成されたものです。
そうしますと、
1、q2、q3、・・・qn、qn+1、qn+2、qn+3、qn+3、qn+4・・・が無限であるとは、自然数nの次の自然数はn+1という前提で証明していることになります。
ところが、
素数には、4、6、8、9・・・といった合成数はありません。
つまり、
素数が無限にあるかどうかの証明が、素数に基づいて証明されているのではなく、自然数に基づいて証明されているだけに過ぎないわけです。
言うまでもなく、
自然数が無限にある根拠は、自然数nの次の自然数はn+1で表現できるからです。
つまり、
常に1を足した数が自然数だからです。
まさに、
N=q1*q2*q3*・・・*qn +1は、無限にある自然数の定義に他ならないわけで、無限にある自然数の定義に基づいた素数は無限になるのは当たり前のことです。
しかし、
素数が無限でなかったらという前提条件では、素数nの次の素数が表現できないわけですから、N=q1*q2*q3*・・・*qn +1ですべての数を表現できません。
まさに、
素数が無限に存在するというユークリッドの証明は、堂々めぐりのイタチごっこに過ぎず、素数が無限に存在する証明にはなりません。
結局の処、
素数が無限に存在するかどうかは人間には永遠にわからないのです。
逆に言えば、
素数に最後がある(有限)かどうかも人間には永遠にわからないのです。
つまり、
素数の世界は、有限・無限を超えた世界に他ならないのです。
だから、
科学界の優秀な数学者がいくら考えても、すべての素数を表現できる式を編み出すことができないのであって、有限・無限を超えない限り、これからも永遠に無理でしょう。

まさに、
nの次の自然数は(n+1)と表現できるから、
自然数は無限に存在する。
一方、
nの次の素数を表現できないなら、
素数は無限に存在するとは言えない。
ところが、
現代科学の世界では、
nの次の素数を表現できないのに、
素数は無限に存在すると信じ込んで表現方法を必死になって模索しているのです。
その根拠は、
2300年前にユークリッドが素数は無限に存在すると証明したことにあります。
ところが、
ユークリッドの証明のベースになっている無限という概念は、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という自然数の並びが無限という前提条件に立っているのです。
まさに、
ユークリッド幾何学が、完全平面上の幾何学であるという前提条件に立っているのと同じなのです。
実際の処、
地球の表面(球面)上で生きているものにとって、完全平面など存在しないわけで、ユークリッド幾何学で云うところの三角形の内角の和は180度ではなく、180度以上あるのが実際なのです。
この違いは一体何を意味しているのでしょうか?
まさしく、
ユークリッドが証明した素数の無限性は、完全平面上のユークリッド幾何学を前提条件にした上での話と同じメカニズムであり、実際の話ではないわけです。
つまり、
1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という自然数の並びが無限というのは、一次曲線=直線上の話を前提条件にしているわけで、直線上では、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・は果てのない無限大(∞)になるのですが、球面上においての無限大とは原点に回帰するのです。
つまり、
1(始点)は無限大(終点)に円回帰するのです。
まさに、
わたしが主張し続けてきた0=1である所以で、数の原点は「ゼロ」にある所以でもあります。
つまり、
0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・・・0に回帰するのが実際なのです。
そうしますと、
自然数であっても、球面上においては、無限に存在するのではなく、元の0(=1)に回帰するわけです。
つまり、
自然数にも最後があるのが実際なのです。
そして、
完全平面という在り得ない空間をユークリッド空間と言うのに対して、球面上の空間をリーマン空間と呼んでいます。
まさに、
「リーマン予想」とは、数の概念をユークリッド空間ではなく、リーマン空間で予想している。
そして、
その鍵を握っているのが、無限大=「ゼロ」であるわけです。
リーマン予想の基本にあるのは、無限大=ゼロという最後の数がある点に立脚しているのではないでしょうか。
わたしが「ゼロの世界」を論じた所以がここにあります。
そこで、
無限大=「ゼロ」についての「ゼロの世界」での論述を下記引用します。

第一章 「ゼロの世界」を哲学する
拙著「超対性理論」(Vol.III)第八十二章【ゼロ宇宙を哲学する】の引用から、先ず、はじめましょう。
小難しい文章は無視して、下記の引用の最後の件だけを理解して頂ければいいでしょう。
『問題は、
宇宙が無限大=ゼロであるとはどういうことなのかを科学するのではなく、哲学するべきである』
「ゼロの世界」を科学するのではなく、哲学することが、この作品の狙いなのです。

【ゼロ宇宙を哲学する】
膨張し続ける宇宙。
若しくは、
膨張から収縮に転ずる宇宙。
これらのふたつの宇宙はしょせん映像宇宙である。
従って、
膨張し続ける宇宙でもなく、
膨張から収縮に転ずる宇宙でもない、
ゼロ次元点静止の宇宙こそが、実在宇宙である。
つまり、
振り子のモーメント(バネ)を極大化するか極小化するかだ。
そこで、
アインシュタインの一般相対論の核である方程式に注目してみよう。
Gij=8πG/C4*Tij

ふたつの宇宙に区分けしている根拠は、
宇宙の全質量(=全エネルギー量)である(Tij)次第であり、
宇宙の歪曲度(Gij)>無限大、
若しくは、
宇宙の歪曲度(Gij)<無限大、
つまり、
歪曲度が正の空間と負の空間のふたつしか区分けしていないからである。
宇宙の歪曲度(Gij)=無限大、
は、
宇宙の歪曲度(Gij)>無限大、
つまり、
正の空間に組み込まれているのである。
科学者は実に矛盾したことをする。
宇宙の歪曲度(Gij)=無限大、
つまり、
ゼロの空間という宇宙もあるはずだ。
つまり、
宇宙の歪曲度(Gij)=無限大=ゼロの空間の宇宙こそが、静止の宇宙なのである。
では、
宇宙の歪曲度(Gij)=無限大=ゼロの空間の宇宙とは一体どういう意味だろうか?
言うまでもなく、
宇宙の全質量(=全エネルギー量)が無限大-=ゼロということに他ならない。
言い換えれば、
始まりも終わりもない宇宙に他ならない。
従って、
ゼロ次元点静止の宇宙に他ならない。
ややこしい方程式などなくても当たり前のことだ。
宇宙が無限大以上か、無限大以下かを論ずるだけで、
宇宙が無限大=ゼロであることを避けている科学などペテン以外の何者でもない。
問題は、
宇宙が無限大=ゼロであるとはどういうことなのかを科学するのではなく、哲学するべきである。

小難しい文章は無視して、上記の引用の最後の件だけを理解して頂ければいいでしょう。
問題は、
宇宙が無限大=ゼロであるとはどういうことなのかを科学するのではなく、哲学するべきである。

第二章 超(統一)理論を哲学する
現代科学では、電磁気力と弱い核力を統一する統一理論は既に完成しているそうです。
更に、
強い核力を加えた大統一理論も完成間近だそうです。
ところが、
更に、重力を加えた、超大統一理論にはまったく歯がたたないそうです。
なぜならば、
超大統一理論は科学するのではなく、哲学するしか方法はないからです。
なぜならば、
ゼロ世界(ゼロ宇宙)は哲学する道しかないからです。
まさに、
超(統一)理論は哲学する道しかないのです。

【重力加速度=無限大速度】
宇宙の歪曲度(Gij)=無限大とは一体どういう意味だろうか?
言うまでもなく、
宇宙の全質量(=全エネルギー量)=(Tij)が無限大ということに他ならない。
そこで、
質量(m)とは重力(F)に他ならない。
つまり、
ニュートンの運動方程式。
F=mαである。
そうすると、
宇宙の全質量(=全エネルギー量)=(Tij)が無限大ということは、
重力(F)が無限大ということに他ならない。
まさに、
ニュートンが主張した、
重力加速度(α)が無限大ということに他ならない。
逆に言えば、
宇宙の全質量(=全エネルギー量)=(Tij)=無限大=ゼロであるということは、
重力(F)=無限大=ゼロ。
であり、
重力加速度(α)=無限大=ゼロ。
ということになる。
まさに、
無限大=ゼロが鍵だ。
従って、
四つの力の中、
電磁気力、弱い核力、強い核力という量子世界(ミクロ世界)、
に、
重力という宇宙世界(マクロ世界)、
を組み込むのではなく、
重力という宇宙世界(マクロ世界)、
に、
電磁気力、弱い核力、強い核力という量子世界(ミクロ世界)、
が組み込まれるべきである。
結局の処、
電磁気力と弱い核力を統一する理論である統一理論、
電磁気力と弱い核力と強い核力を統一する大統一理論、
など徒労以外の何者でもない。
それよりも、
重力と電磁気力と弱い核力と強い核力を統一する超大統一理論こそが重要なのである。
ところが、
現代科学者は、超大統一理論にはまったく歯がたたないのである。
なぜならば、
超大統一理論は科学するのではなく、哲学するしか方法はないからである。
なぜならば、
ゼロ世界(ゼロ宇宙)は、哲学する道しかないのである。

第三章 哲学するとは内観すること
現代人は、
自己反省することを完全に忘れてしまったようです。
自己主張しないと生き残れないと思い込んでいるからです。
だから、
外観を飾り立てようとする。
外観を飾り立てようとすればするほど、中味は貧しくなっていくのが当たり前です。
まさに、
映像世界ばかりに目を向けて、実在世界から目を背けてきた結果です。
「ゼロの世界」に目を向けることは、自分の中味を充実させることに他ならないのです。

【ゼロ(次元)世界=中味の自分】
宇宙の歪曲度(Gij)=無限ゼロ(次元)宇宙こそが、実在の世界であった。
次元宇宙など、しょせん、映像の世界であった。
しかも、
ゼロ=無限大であった。
言い換えれば、
始点=終点であった。
まさに、
0=∞であった。
1、2、3、4、5、6、7、8、9は、しょせん、映像であった。
すなわち、
ミクロ宇宙(量子世界)、
も、
マクロ宇宙(宇宙世界)、
も、
ミディアム宇宙(人間世界)、
も、しょせん、映像宇宙であった。
部屋で喩えれば、
壁が映像であり、壁の中の空間(空き間)が実在なのである。
ところが、
我々人間は、
壁が自分だと勘違いしてきたのである。
壁で囲まれた何もない空間(空き間)こそが、本当の自分だったのである。
壁を自分だと勘違いしているから、壁の色や壁の質のことや壁の形ばかりに気を取られていたのである。
言い換えれば、
服装や飾りばかりに気を取られて、中味の自分を忘れていたニセモノの自分に他ならない。
従って、
次元世界こそが、
壁の世界だったのである。
服装や飾りの世界だったのである。
ゼロ(次元)世界こそが、
壁の中の何もない空間(空き間)だったのである。
中味の自分だったのである。

第四章 科学する V.S. 哲学する
科学の基礎には数学があり、科学すべての分野は数学無くして存在し得ないのです。
そして、数学の基本はゼロの概念に尽きます。
ところが、
科学を生みだしたわたしたち人間は、致命的なミスを冒してしまった。
科学は、すべての基本にあるゼロの概念を横に置いて、数字の概念ばかりを追求してきたのです。
1+1=2、1+2=3、1+3=4、1+5=6、1+6=7、1+8=9の世界ばかりを追求してきたのです。
そして、
1+9=10の世界の意味を横に置いてきたのです。
まさしく、
1+1=2、1+2=3、1+3=4、1+5=6、1+6=7、1+8=9の世界は科学する世界ですが、
1+9=10の世界は哲学する世界だったのです。

【ゼロ=無=実在 & 数=有=映像】
ゼロ(次元)世界こそが、
壁の中の何もない空間(空き間)だったのである。
中味の自分だったのである。
つまり、
ゼロ(次元)世界こそが、
実在の世界だったのである。
突き詰めれば、
ゼロ=実在だったのである。
一方、
次元世界こそが、
壁の世界だったのである。
服装や飾りの世界だったのである。
つまり、
次元世界こそが、
映像の世界だったのである。
突き詰めれば、
1、2、3、4、5、6、7、8、9=映像だったのである。
従って、
1、2、3、4、5、6、7、8、9=映像、
は、
ゼロ=実在、
の不在概念に過ぎなかったのである。
では、
この意味は一体何を示唆しているのだろうか?
つまり、
すべての数字は、
ゼロから始まって(始点)、
ゼロで終わる(終点)、
ことを示唆しているのである。
まさに、
数学(算数)の基本はゼロなのである。
言い換えれば、
数学(算数)からゼロを取り去れば、数学(算数)は成立しなくなる。
つまり、
すべての事象はゼロから始まる。
たとえば、
数字1にゼロが加われば、
ゼロの価値は9になる。
なぜならば、
1が即座に10になるからだ。
つまり、
9はゼロから生まれたことになる。
数字1に二つのゼロが加われば、
1が即座に100になる。
つまり、
ゼロの価値は99になる。
従って、
数学はゼロによって構築されている。
まさに、
1、2、3、4、5、6、7、8、9=映像、
は、
ゼロ=実在、
の不在概念に過ぎなかったのである。

従って、
1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という自然数は、
ゼロ=実在、
の不在概念に過ぎなかったのである。
そして、
2、3、5、7、11・・・という素数こそが、
ゼロ=実在だったのである。
つまり、
2、3、5、7、11・・・という素数には、
最初のゼロと2番目の一、そして、最後から2番目の一、そして、最後のゼロがあったのです。
従って、
素数の正体とは、
ゼロ、一、2、3、5、7、11・・・一、ゼロということになります。
そうしますと、
1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という自然数も実は、
ゼロ、一、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・一、ゼロという最後のある数ということになります。
どうやら、
無限と有限の真の意味がわかりかけてきました。
つまり、
ゼロと一に囲まれた数が無限にあるだけのことで、始めと終わりは必ず、ゼロと一で円回帰する。
従って、
無限に存在する自然数とは、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・であって、その前後に、ゼロと一で囲まれた有限の自然数があるのです。
一方、
無限に存在する素数とは、
2、3、5、7、11、17、19、23・・・・・・・・・・・・であって、その前後に、ゼロと一で囲まれた有限の素数があるのです。
まさに、
無限の中に有限があるのではなく、有限の中に無限があるのが真理だったのです。
ところが、
人間は、無限の中に有限があると信じ込んできたのです。
そうしますと、
有限の自然数の中にある無限の自然数は、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・で表現できるように、
有限の素数の中にある無限の素数も、
2、3、5、7、9、11・・・で表現できる式があるはずです。
そして、
その式のヒントは、一からゼロに回帰する前提で表現されなければならない点にあることになります。
そこで、
一とゼロについて検証しましょう。
先ず、
直線運動するユークリッド空間ではなく、円回帰運動するリーマン空間で考えなければならないことは言うまでもありません。
従って、
始点→円周→終点
という観点で数を検証してゆきましょう。
前述したように、
有限の自然数の中にある無限の自然数は、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・で表現できるように、
有限の素数の中にある無限の素数も、
2、3、5、7、9、11・・・で表現できる式がある。
つまり、
ゼロ、一、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・一、ゼロが無限・有限を超えた自然数に他ならないわけです。
一方、
ゼロ、一、2、3、5、7、9、11・・・一、ゼロが無限・有限を超えた素数に他ならないわけです。
これは一体何を意味しているでしょうか?
ゼロ、一が始点。
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・無限自然数が円周。
若しくは、
2、3、5、7、9、11・・・無限素数が円周。
一、ゼロが終点。
つまり、
始点と終点の共通点はゼロである。
始点と終点の違いは、ゼロ→一と一→ゼロという方向の違いにあり、その方向性を示しているのが一の役目である。
まさに、
ゼロは始点であり、終点でもある。
一は円周への繋ぎ役である。
次に、
円周の本質は運動線、すなわち、無限性にあるという点です。
言い換えれば、
円周の本質は映像である点です。
一方、
始点、終点の本質は静止点、すなわち、有限性にあるという点です。
言い換えれば、
始点、終点の本質は実在性である点です。
つまり、
静止点=実在=有限
運動線=映像=無限
どうやら、無限と有限の真の意味が更にわかりかけてきました。
そして、
ゼロとは、
始点であり、終点である。
つまり、
ゼロとは、
無(始点)であり、すべて(終点)である。
一方、
一とは、
始点から円周への繋ぎ役であり、円周から終点への繋ぎ役である。
つまり、
一とは、
無限と有限の繋ぎ役である。
まさに、
一とは、
事象の地平線(特異点)に他ならなかったのです。
言い換えれば、
数の概念とは、
宇宙を表現するための人間の方便に過ぎないわけです。
逆に言えば、
宇宙を理解するためには、
数の概念を理解すればいいわけです。
そして、
数の概念の基本中の基本は、
ゼロであることです。
更に、
数の概念の基本中の応用が、
一であることです。
そして、
数の概念の応用中の応用が、
2、3、5、7、11・・・という無限に存在する素数に他ならない。
ところが、
人間は数の概念を勝手にねじ曲げてしまったのです。
その結果、
数の概念の応用の誤用として、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という自然数を捏造(合成)してしまったわけです。
しかも、
自然数という名前の誤用までしてしまった。
その結果、
宇宙の在り方を理解できなくなってしまった。
一方、
数の概念を持たない人間以外の生きものは、
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
を自然に理解しているのです。
それほどに、
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
はシンプルなのです。
つまり、
極めてシンプルな
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
とは、
ゼロと一という数の概念の基本さえ理解しておけばよいようにできているのです。
ところが、
人間は数の概念を勝手にねじ曲げてしまった。
その結果、
数の概念の応用の誤用として、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という自然数を捏造(合成)してしまった。
その結果、
数の概念の応用を理解しない限り、
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
を理解できないようにねじ曲げてしまったわけです。
言い換えれば、
数の概念の応用を理解できる専門家、つまり、科学者以外、
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
を理解できないようにねじ曲げてしまったわけです。
その結果、
一般の人間は、
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
を理解できない世界に追いやられてしまったわけです。
まさに、
「ホ‐キング宇宙を語る」で、“もしわれわれが完全な理論を発見すれば、その原理の大筋は少数の科学者だけでなく、あらゆる人にもやがて理解可能となるはずだ”の意味に他ならない。

つまり、
ゼロと一という数の概念の基本さえ理解しておけば、
極めてシンプルな
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
は誰にも理解できるはずなのです。
そして、
スティーブン・ホーキングが彼の著書「ホ‐キング宇宙を語る」の締め括りで下記のようなことを云っています。
「今日まで、科学者はずっと、宇宙が何であるかを説明する新しい理論の展開に心を奪われていて、なぜと問うことができないでいる。
一方、なぜと問うことを商売にしている人たち、つまり哲学者は科学理論の進歩についていけないでいる。
十八世紀には、哲学者は科学を含めた人間の知識の全体を自分たちの持ち場と見なし、宇宙にははじまりがあるか、などといった問題を論じたのだった。
しかし、十九世紀と二十世紀には、科学は哲学者、いや少数の専門家以外のだれにとっても、あまりにも技術的、数学的になりすぎた。
哲学者は探求範囲を大幅に縮小し、今世紀のもっとも有名な哲学者であるヴィトゲンシュタインが、「哲学に残された唯一の任務は言語の分析である」と言うほどになった。
アリストテレスからカントに至る哲学の偉大な伝統からの、これは何という凋落ぶりだろう。
しかし、もしわれわれが完全な理論を発見すれば、その原理の大筋は少数の科学者だけでなく、あらゆる人にもやがて理解可能となるはずだ。
そのときには、われわれすべて−哲学者も、科学者も、ただの人たちも−が、われわれと宇宙が存在しているのはなぜか、という問題の議論に参加できるようになるだろう。
もしそれに、対する答えが見いだせれば、それは人間の理性の究極的な勝利となるだろう。
なぜなら、そのとき、神の心をわれわれは知るのだから」
まさに、
二十一世紀は、我々ただの人たちが、哲学者から、科学者から、人間と宇宙の問題を議論する主役を取って替わる世紀なのである。
そして、
その鍵を握っているのが、ゼロと一と、その間にある、無限にある素数です。
つまり、
ゼロ、一、2、3、5、7、11・・・一、ゼロ、
という数の並びこそ、
誰にも理解できる、極めてシンプルな
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
ではないでしょうか?
そして、
2、3、5、7、11・・・の無限性を証明するためには、
すべての素数を表現できる式がなければなりません。
ところが、
すべての素数を表現できる式は未だに発見されていません。
そこで、
自然数=0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・に対して、
素数=2、3、5、7、11・・・にはなぜ0と1が含まれていないのでしょうか?
そして、
素数=0、1、2、3、5、7、11・・・ではなぜいけないのでしょうか?
やはり、
0、1が鍵を握っているようです。
そこで、
いよいよリーマン予想に入っていきましょう。
リーマン予想とは、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
というものです。
まさに、
(1)自然数(n)が前提になっている。
(2)nの次は(n+1)という無限の自然数が前提になっている。
つまり、
1が鍵になっているわけです。
ところが、
鍵を握っている1とは、1=一ではないのです。
更に、
ゼロという、数の概念の基本の中の基本がある。
従って、
素数=2、3、5、7、11・・・が無限に存在することを証明するためには、無限と有限の定義を、自然数=1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・に基づいて為されるのではなく、素数=2、3、5、7、11・・・に基づいて為されなければなりません。
では、
素数=2、3、5、7、11・・・に基づく、無限と有限とは、一体何でしょうか?
その前に、
自然数=1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・に基づく、無限と有限とは、一体何でしょうか?
そこで、
双子素数と呼ばれているものがあります。
3と5
5と7
11と13
これらは双子素数です。
つまり、
二つの素数の間に一つの合成数が介入している場合、この二つの素数を双子素数と呼ぶそうです。
従って、
7と11
は双子素数ではありません。
なぜなら、
7と11の間に8、9、10という合成数が三つも介入しているからです。
そこで、
リーマン予想を思い出してください。
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
そこで、
3と5という双子素数で考えてみましょう。
つまり、
2=9と52=25の間には、11、13、17、19、23という五つの素数が存在するというわけです。
つまり、
3と5という双子素数の間には、素数が絶対存在しないのに対して、32と52の間には、11、13、17、19、23という五つの素数が存在する。
そこで、
素数の定義を思い出してみましょう。
つまり、
「1よりも大きく、1と自分自身では割り切れるが、それ以外の数では割り切れない数」のことだ。
更に、
あらゆる正の整数、すなわち、自然数は、この素数のかけ算で表現できるから、「数の原子」と呼ばれ、すべての数(自然数)は素数で割り切れる。
平たく言えば、
(1)素数とは、1よりも大きく、1と自分自身では割り切れるが、それ以外   の数では割り切れない数
(2)自然数(素数+合成数)とは、素数で必ず割り切れる
(3)合成数とは、素数同士でかけ合せた数
ということになります。
そうしますと、
リーマン予想、
つまり、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
の自然数を素数+合成数に分解して考えてみましょう。
つまり、
(素数)2と(次の素数)2の間には必ず素数が存在する。
そして、
(合成数)2と(次の合成数)2の間には必ず素数が存在する。
ということになります。
ここで注目しなければならない点があります。
つまり、
素数と次の素数とは、双子素数でなければならない。
更に、
合成数と次の合成数とは、双子合成数でなければならない。
という点です。
なぜなら、
自然数nと(n+1)との関係を、
自然数=素数+合成数で表現するなら、
素数nと(n+1)の関係、
及び、
合成数nと(n+1)の関係、
に分解しなければなりません。
つまり、
自然数nの次の自然数は1を足せばいいのですが、
素数nの次の素数は1を足せばいいわけではない、
また、
合成数nの次の合成数も1を足せばいいわけではないのです。
そこで、
自然数を素数と合成数に分解すれば、
1が(一)に換えて表現してみたらどうでしょうか?
つまり、
素数nの次の素数は(n+一)
また、
合成数nの次の合成数は(n+一)
と表現してみては如何でしょうか?
まさに、
リーマン予想、
つまり、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。

リーマン予想、
つまり、
自然数(n)に対して、n2と(n+一)2 の間には必ず素数が存在する。
ということになります。
まさに、
1とは一のことに他ならなかったのです。
従って、
自然数=一、2、3、4、5、6、7、8、9、一ゼロ・・・n、(n+一)・・・に他ならなかったのです。
従って、
リーマン予想とは、
素数(n)に対して、n2と(n+一)2 の間には必ず素数が存在する。
とも言えるわけです。
なぜなら、
素数も自然数の一部だからです。
同じように、
合成数(n)に対して、n2と(n+一)2 の間には必ず素数が存在する。
とも言えるわけです。
なぜなら、
合成数も自然数の一部だからです。
まさに、
前述したように、
素数=2、3、5、7、11・・・が無限に存在することを証明するためには、無限と有限の定義を、自然数=1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・に基づいて為されるのではなく、素数=2、3、5、7、11・・・に基づいて為されなければなりません。
一方、
リーマン予想とは、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
というものです。
まさに、
(1)自然数(n)が前提になっている。
(2)nの次は(n+1)という無限の自然数が前提になっている。
この事実は一体何を意味しているでしょうか?
つまり、
自然数(n)と自然数(n+1)の間には一切の数が存在しない。
つまり、
(n+1)−(n)=1
の場合は一切の数が存在しない。
一方、
自然数(n2)と自然数(n+1)2の間には何個の自然数が存在するでしょうか?
つまり、
(n+1)2 −n2=2n+1
の場合は2n個の自然数が存在する。
そして、
2n個の自然数の中に必ず素数は最低1個存在する。
そこで、
自然数=1の場合、
2X1+1=3
つまり、
2個の自然数が存在する。
従って、
自然数=1の場合、
2=1と(1+1)2=22=4の間には、
2と3という2個の自然数が存在し、
2と3という2個の単独素数が存在する。
そして、
自然数=2の場合、
2X2+1=5
つまり、
4個の自然数が存在する。
従って、
自然数=2の場合、
2=4と(2+1)2=32=9の間には、
5、6、7、8という4個の自然数が存在し、
5と7という1個の双子素数(2個の素数)が存在する。
そして、
自然数=3の場合、
2X3+1=7
つまり、
6個の自然数が存在する。
従って、
自然数=3の場合、
2=9と(3+1)2=42=16の間には、
10、11、12、13、14、15という6個の自然数が存在し、
11と13という1個の双子素数(2個の素数)が存在する。
そして、
自然数=4の場合、
2X4+1=9
つまり、
8個の自然数が存在する。
従って、
自然数=4の場合、
2=16と(4+1)2=52=25の間には、
17、18、19、20、21、22、23、24という8個の自然数が存在し、
17と19という1個の双子素数(2個の素数)と23という1個の単独素数が存在する。
そして、
自然数=5の場合、
2X5+1=11
つまり、
10個の自然数が存在する。
従って、
自然数=5の場合、
2=25と(5+1)2=62=36の間には、
26、27、28、29、30、31、32、33、34、35という10個の自然数が存在し、
29と31という1個の双子素数(2個の素数)が存在する。
そして、
自然数=6の場合、
2X6+1=13
つまり、
12個の自然数が存在する。
従って、
自然数=6の場合、
2=36と(6+1)2=72=49の間には、
37、38、39、40、41、42、43、44、45、46、47、48という12個の自然数が存在し、
41と43と1個の双子素数(2個の素数)と37と47という2個の単独素数が存在する。
そして、
自然数=7の場合、
2X7+1=15
つまり、
14個の自然数が存在する。
従って、
自然数=7の場合、
2=49と(7+1)2=82=64の間には、
50、51、52、53、54、55、56、57、58、59、60、61、62、63という14個の自然数が存在し、
59と61という1個の双子素数(2個の素数)と53という1個の単独素数が存在する。
そして、
自然数=8の場合、
2X8+1=17
つまり、
16個の自然数が存在する。
従って、
自然数=8の場合、
2=64と(8+1)2=92=81の間には、
65、66、67、68、69、70、71、72、73、74、75、76、77、78、79、80という16個の自然数が存在し、
65と67、71と73という2個の双子素数(4個の素数)と79という1個の単独素数が存在する。
そして、
自然数=9の場合、
2X9+1=19
つまり、
18個の自然数が存在する。
従って、
自然数=9の場合、
2=81と(9+1)2=102=100の間には、
82、83、84、85、86、87、88、89、90、91、92、93、94、95、96、97、98、99という18個の自然数が存在し、
89と91という1個の双子素数(2個の素数)と97という1個の単独素数が存在する。
この事実は一体何を示唆しているでしょうか?
まさに、
リーマン予想とは、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
というものであり、
それ以外の法則性はないことを示唆しているのです。
逆に言えば、
素数=2、3、5、7、11・・・の無限性を証明するためには、
すべての素数を表現できる式がなければなりません。
ところが、
すべての素数を表現できる式は未だに発見されていません。
そして、
リーマンも予想しているように、
すべての素数を表現できる式は永遠に編み出せないでしょう。
まさに、
自然数の世界は、一次曲線(直線)の世界に他ならないわけです。
嘗て、
コペルニクスやガリレオが地球は丸いと言い出すまでは、地平線は永遠にまっすぐだと信じていました。
だから、
世界の宗教の総本山であるローマバチカンは、ガリレオを十字架に架けようとしたのです。
すなわち、
宗教は、一次曲線(直線)の世界を信じていたわけです。
なぜなら、
宗教の根本にある神は、永遠性を持たなければならなかったからです。
逆に言えば、
無限だから神であって、有限の神などあり得ないからです。
しかし、
無限(永遠)の地球などなかったことは、今では常識です。
ところが、
今でも、多くの人間が神を信じていると云います。
だから、
宗教が雨後のタケノコのように日々発生する。
従って、
神を信じるということは、
この世は、一次曲線(直線)の自然数の世界であると信じることに他ならないわけです。
まさに、
2300年前のユークリッド空間の世界に他ならないわけです。
ところが、
2300年前のユークリッドが証明した、素数も無限に存在するということを、今でも科学者は信じているのです。
しかも、
ユークリッド空間は現実的ではないということをわかっているのにです。
まさに、
科学者とは、木ばかり見て、森が見えない連中に他ならない証です。
言い換えれば、
科学者とは、部分観の典型なのです。
そして、
科学という専門知識を持たない、私たち一般の人間は、知りもしないで、科学者の云うことを信じているから、私たち一般の人間も、部分観に陥っているのです。
宇宙、
地球、
自然、
とは全体感の世界に他なりません。
言い換えれば、
宇宙、
地球、
自然、
とは自然数の世界ではなく、素数の世界に他ならないのです。
言い換えれば、
宇宙、
地球、
自然、
とは、一次曲線(直線)の世界ではなく、二次曲線(平面=円)の世界に他ならないのです。
なぜなら、
宇宙、
地球、
自然、
とは立体(三次曲線)の世界であって、立体(三次曲線)の世界は二次曲線(平面=円)の運動をする世界に他ならないのです。
そうしますと、
私たち人間が編み出した数学も一次曲線(直線)の世界で論じるのではなく、二次曲線(平面=円)の世界で論じなければなりません。
この事実は一体何を意味しているのでしょうか?
つまり、
私たち人間が編み出した数学も無限に存在する数の世界で論じるのではなく、円回帰運動する数の世界で論じなければなりません。
言い換えれば、
非現実的な一次曲線(直線)の数学の世界で論じることは、まさに、ミイラ取りがミイラになることに他ならないのです。
なぜなら、
数学も、私たち人間社会の暮らしの方便として編み出されたのですから。
では、
無限に存在する数の基で数学を論じる世界、
つまり、
自然数の基で数学を論じる世界、
と、
有限な数の基で数学を論じる世界、
では一体どんな違いがあるのでしょうか?
言い換えれば、
一次曲線(直線)の数の基で論じる世界、

二次曲線(平面=円)の数の基で論じる世界、
では一体どんな違いがあるのでしょうか?
そこで、
一次曲線(直線)を式で表現してみましょう。
つまり、
Y = a X + b
つまり、
ユークリッド空間は2次元平面上の1次元直線運動に基づいている。
だから、
ユークリッド空間は非現実的なのです。
一方、
X2 +Y2 =R2
つまり、
リーマン空間は3次元立体上の2次元円回帰運動に基づいている。
だから、
リーマン空間は現実的なのです。
従って、
リーマンは非現実的な一次曲線(直線)の自然数(n)と(n+1)で、
宇宙、
地球、
自然、
を論じることは非現実的と考えたのではないでしょうか?
そして、
宇宙、
地球、
自然、
を現実的に論じるには、二次曲線(平面=円)の数に基づかなければならないと考えたのではないでしょうか?
だから、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の問題なのである。
そして、
リーマン予想とは、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
というものです。
まさに、
(1)自然数(n)が前提になっている。
(2)nの次は(n+1)という無限の自然数が前提になっている。
つまり、
素数こそ二次曲線(平面=円)の数だと予想したのではないでしょうか?
従って、
二乗の世界でしか、素数を論じることはできない。
言い換えれば、
円回帰運動する二次曲線(平面=円)の数、つまり、素数の基で数学を論じることこそ、現実的であると考えたのではないでしょうか?
そこで、
アインシュタインの特殊相対論で有名な式があります。
つまり、
E=mC2
つまり、
E(エネルギー)は、m(質量)にC2(光の速度の二乗)を掛けたものである。
では、
なぜC2(光の速度の二乗)なのでしょうか?
更に、
アインシュタインの一般相対論で有名な式があります。
つまり、
Gij=8πG/C4*Tij
つまり、
Gij(時空宇宙の歪曲度)は、Tij(時空宇宙の総エネルギー量)に8πG(Gは万有引力定数)を掛けたものを、C4(光の速度の二乗の二乗)で割ったものである。
では、
なぜC4(光の速度の二乗の二乗)なのでしょうか?
アインシュタインは、
非現実的な一次曲線(直線)の自然数(n)と(n+1)で、宇宙を論じることは非現実的と考えたのではないでしょうか?
言い換えれば、
E=mCでは、
宇宙、
地球、
自然、
を論じることは非現実的と考えたのではないでしょうか?
また、
Gij=8πG/C*Tijでは、
宇宙を論じることは非現実的と考えたのではないでしょうか?
だから、
2(光の速度の二乗)にしたのではないでしょうか?
だから、
4(光の速度の二乗の二乗)にしたのではないでしょうか?
なぜなら、
二乗することとは、
次元象限を90度移動することに他ならないからです。
なぜなら、
二乗の二乗することとは、
次元象限を270度移動することに他ならないからです。
つまり、
円回帰運動することに他ならないからです。
だから、
自然(実)数の時間ではなく虚数の時間を駆使しているのです。
なぜなら、
虚数(i)を駆使した複素数(a + bi)に(i)を掛ける(二乗する)と、複素数(a + bi)は複素数(-b + ai)となって、第一象限から第二象限に移動します。
更に、複素数(-b + ai)に(i)を掛ける(三乗する)と、複素数(-b + ai)は複素数(-a - bi)となって、第二象限から第三象限に移動します。
更に、複素数(-a - bi)に(i)を掛ける(四乗する)と、複素数(-a - bi)は複素数(b -ai)となって、第三象限から第四象限に移動します。
つまり、
円回帰運動する二次曲線(平面=円)の数、つまり、素数の基で数学を論じていることになるのではないでしょうか?
更に、
ミクロの世界を論じる量子力学の世界では、
ハイゼンベルグの不確定性原理が絶対法則になっている点にも注目しなければなりません。
そこで、
相対論と量子論は、二十世紀科学の二大巨頭である。
ところが、
相対論と量子論はお互いを否定する理論でもあるわけです。
その鍵を握っているのが、
ハイゼンベルグの不確定性原理に他なりません。
では、
ハイゼンベルグの不確定性原理とは一体どういう代物なのでしょうか?
つまり、
運動しているモノの位置は確定できないし、静止しているモノの運動量(速度)もまた確定できない。
言い換えれば、
すべてのモノは、絶対これだとは確定(100%)できず、所詮、確率でしか言えない。
平たく言えば、
宇宙、
地球、
自然、
はすべて、
偶然にできているのであって、
必然にできているのではない。
ということになります。
従って、
アインシュタインの相対論とは、
平たく言えば、
宇宙、
地球、
自然、
はすべて、
必然にできているのであって、
偶然にできているのではない。
ということになります。
まさに、
相対論のアインシュタインが、
不確定原理のハイゼンベルグに、
“神は賽を投げない”と云った所以なのです。
つまり、
アインシュタインの相対論とは、
宇宙、
地球、
自然、
はすべて神(必然)によって創造されたと主張している。
一方、
ハイゼンベルグの不確定性原理とは、
宇宙、
地球、
自然、
はすべて偶然によって創造されたと主張している。
では、
この二つの科学界の巨頭は一体何を示唆しているのでしょうか?
まさに、
アインシュタインの相対論とは、
宇宙、
地球、
自然、
はすべて無限に存在する自然数によって創造されたと主張している。
一方、
ハイゼンベルグの不確定性原理とは、
宇宙、
地球、
自然、
はすべて有限の素数によって創造されたと主張している。
そこで、
お互い相容れない東西両横綱の相対論と量子論ですが、
リチャード・ファインマンの経路積分法とアーウィン・シュレーディンガーの波動関数というものがあります。
まさに、
この二つの学問は、すべてのモノは偶然の確率によってできていることを証明しているのです。
そして、
偶然の世界を確率で計算する上において、決定的な要素が複素数(a + bi)の概念であって、虚数(i)なしには論じ得ないのです。
つまり、
虚数(i)2=‐(マイナス)1
という現実ではあり得ない数なのです。
まさに、
現実的でない数こそ、現実的であるわけです。
逆に言えば、
現実的である数こそ、非現実的であるわけです。
では、
この事実は一体何を意味しているのでしょうか?
まさに、
現実的でない素数こそ、現実的であるわけです。
逆に言えば、
現実的である自然数こそ、非現実的であるわけです。
そうしますと、
素数=現実的
自然数=非現実的
つまり、
相対論、
量子論、
はお互い相容れない。
ように、
自然数、
素数、
はお互い相容れない。
ということになります。
そして、
自然数(n)の次の自然数は(n+1)で表現できる無限に存在する数である。
従って、
素数(n)の次の素数はnで表現できない有限の数であるということになるわけです。
では、
有限の中の無限の素数としての表現について、これから検証しましょう。
では、
先に述べましたことを思い出してください。
つまり、
ゼロ、一、2、3、5、7、11・・・一、ゼロ、
という数の並びこそ、
誰にも理解できる、極めてシンプルな
自然の在り方、
地球の在り方、
宇宙の在り方、
ではないでしょうか?
そして、
2、3、5、7、11・・・の無限性を証明するためには、
すべての素数を表現できる式がなければなりません。
ところが、
すべての素数を表現できる式は未だに発見されていません。
そこで、
自然数=0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・に対して、
素数=2、3、5、7、11・・・にはなぜ0と1が含まれていないのでしょうか?
そして、
素数=0、1、2、3、5、7、11・・・ではなぜいけないのでしょうか?
どうやら、
0と1が鍵を握っているようです。
つまり、
真の素数=ゼロ、一、2、3、5、7、11・・・一、ゼロと円回帰する有限の数である。
そして、
従来の素数=2、3、5、7、11・・・の無限の数である。
まさに、
有限の中に無限が包摂されているわけです。
ところが、
人間は、無限の中に有限があると信じ込んできたのです。
そこで、
更に先に述べましたことを思い出してください。
どうやら、
無限と有限の真の意味がわかりかけてきました。
つまり、
ゼロと一に囲まれた数が無限にあるだけのことで、始めと終わりは必ず、ゼロと一で円回帰する。
従って、
無限に存在する自然数とは、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・であって、その前後に、ゼロと一で囲まれた有限の自然数があるのです。
一方、
無限に存在する素数とは、
2、3、5、7、11、17、19、21・・・・・・・・・・・・であって、その前後に、ゼロと一で囲まれた有限の素数があるのです。
まさに、
無限の中に有限があるのではなく、有限の中に無限があるのが真理だったのです。
ところが、
人間は、無限の中に有限があると信じ込んできたのです。
そうしますと、
有限の自然数の中にある無限の自然数は、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・で表現できるように、
有限の素数の中にある無限の素数も、
2、3、5、7、9、11・・・で表現できる式があるはずです。
そして、
その式のヒントは、一からゼロに回帰する前提で表現されなければならない点にあることになります。
そこで、
一とゼロについて検証しましょう。
先ず、
直線運動するユークリッド空間ではなく、円回帰運動するリーマン空間で考えなければならないことは言うまでもありません。
従って、
始点→円周→終点
という観点で数を検証してゆきましょう。
前述したように、
有限の自然数の中にある無限の自然数は、
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・で表現できるように、
有限の素数の中にある無限の素数も、
2、3、5、7、9、11・・・で表現できる式がある。
つまり、
ゼロ、一、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・一、ゼロが無限・有限を超えた自然数に他ならないわけです。
一方、
ゼロ、一、2、3、5、7、9、11・・・一、ゼロが無限・有限を超えた素数に他ならないわけです。
これは一体何を意味しているでしょうか?
ゼロ、一が始点。
2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・無限自然数が円周。
若しくは、
2、3、5、7、9、11・・・無限素数が円周。
一、ゼロが終点。
つまり、
始点と終点の共通点はゼロである。
始点と終点の違いは、ゼロ→一と一→ゼロという方向の違いにあり、その方向性を示しているのが一の役目である。
まさに、
ゼロは始点であり、終点でもある。
一は円周への繋ぎ役である。
次に、
円周の本質は運動線、すなわち、無限性にあるという点です。
言い換えれば、
円周の本質は映像である点です。
一方、
始点、終点の本質は静止点、すなわち、有限性にあるという点です。
言い換えれば、
始点、終点の本質は実在性である点です。
つまり、
静止点=実在=有限
運動線=映像=無限
どうやら、無限と有限の真の意味が更にわかりかけてきました。
そして、
ゼロとは、
始点であり、終点である。
つまり、
ゼロとは、
無(始点)であり、すべて(終点)である。
一方、
一とは、
始点から円周への繋ぎ役であり、円周から終点への繋ぎ役である。
つまり、
一とは、
無限と有限の繋ぎ役である。
まさに、
一とは、
事象の地平線(特異点)に他ならなかったのです。
つまり、
常識が通用する世界、
と、
常識が通用しない世界、
の境界線が事象の地平線(特異点)に他ならない。
つまり、
一なのです。
そして、
常識が通用する世界が円周であり、
常識が通用しない世界が始点であり、終点に他ならない。
つまり、
ゼロなのです。
そうしますと、
無限の世界が、常識が通用する世界であり、
有限の世界が、常識の通用しない世界になる。
では、
人間はそう思っているでしょうか?
実は、
無限の世界が、常識の通用しない世界であり、
有限の世界が、常識の通用する世界である、
と人間は信じています。
まさに、
人間の常識は逆さまに他なりません。
つまり、
人間の常識は、
宇宙、
地球、
自然、
の非常識に他なりません。
逆に言えば、
宇宙、
地球、
自然、
の常識は、
人間の非常識に他なりません。
従って、
無限の世界が、常識が通用する世界であり、
有限の世界が、常識の通用しない世界なのです。
言い換えれば、
2、3、5、7、9、11・・・無限素数の世界

常識が通用する世界なのです。
一方、
ゼロの世界=
常識の通用しない世界なのです。
そして、
一の世界

常識が通用する世界と常識が通用しない世界との境界線、
つまり、
事象の地平線(特異点)なのです。
従って、
常識が通用する世界

2、3、5、7、9、11・・・無限素数の世界
は、
一という、常識が通用する世界と常識が通用しない世界との境界線、つまり、
事象の地平線(特異点)を介して、
常識の通用しない世界

ゼロの世界へと展開されるのです。
この事実は一体何を示唆しているのでしょうか?
第一に理解しなければならないことは、
常識の通用しない世界

ゼロの世界
に辿り着くためには、事象の地平線(特異点)を超えなければならない。
言い換えれば、
常識を超えなければならない。
つまり、
2、3、5、7、9、11・・・無限素数の世界が、常識を超えなければならないのです。
では、
2、3、5、7、9、11・・・無限素数の世界が超えなければならない常識とは一体何でしょうか?
まさに、
0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・という無限自然数の世界こそ、常識の世界に他ならないのです。
そこで、
無限自然数の世界の常識に迫ってみましょう。
まさに、
0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・n、(n+1)・・・。
つまり、
次の数は1を足せばいいのが、無限自然数の世界の常識に他なりません。
そして、
1+1=2、2+1=3、3+1=4・・・が、無限自然数の世界の常識に他なりません。
一方、
2、3、5、7、11・・・という無限素数の世界では、1+1=2、2+1=3は常識であっても、3+1=4は非常識なのです。
3+一=5が常識なのです。
つまり、
素数一は自然数2になるわけです。
つまり、
自然数2=素数一
また、
5+一=7が常識なのです。
つまり、
自然数2=素数一
まさに、
双子素数3、5、7を表現するには、
素数(n)の次の素数は(n+一)になるわけです。
従って、
素数がすべて双子素数なら、
素数(n)の次の素数は(n+一)になるわけです。
まさに、
無限自然数(n)の次の自然数は(n+1)と同じ式で表現できる。
ところが、
7の次の素数は11です。
従って、
素数(n)の次の素数は(n+一)になりません。
しかし、
この問題は当面無視しても構いません。
問題は、
有限素数ゼロ、一、2、3、5、7、11・・・(n)、(n+一)・・・一、ゼロと円回帰する上においての回帰の仕方にあります。
結局の処、
(n+一)が一になり、一がゼロになって円回帰を完了するわけですから、(n)は0にならなければならないわけです。
まさに、
無限大=0に他ならないわけです。
言い換えれば、
∞=0に他ならないわけです。
従って、
素数(一)=自然数(2)
素数(一)→(ゼロ)
自然数∞=自然数(0)
という条件で、
無限素数2、3、5、7、11・・・のnの次の素数は(n+一)で表現できます。
まさに、
リーマン予想とは、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
というものです。
まさに、
(1)自然数(n)が前提になっている。
(2)nの次は(n+1)という無限の自然数が前提になっている。
つまり、
1が鍵になっているわけです。
ところが、
鍵を握っている1とは、
1=一ではないのです。
更に、
ゼロという、数の概念の基本の中の基本がある。
そして、
自然数(n)と自然数(n+1)の間には一切の数が存在しない。
つまり、
(n+1)−(n)=1
の場合は一切の数が存在しない。
一方、
自然数(n2)と自然数(n+1)2の間には何個の自然数が存在するでしょうか?
つまり、
(n+1)2 −n2=2n+1
の場合は2n個の自然数が存在する。
そして、
2n個の自然数の中に必ず素数は最低1個存在する。
つまり、
2n個の自然数の中に必ず素数は最低一個存在する。
まさに、
リーマン予想とは、
自然数(n)に対して、n2と(n+1)2 の間には必ず素数が存在する。
というものです。
そして、
2n個の自然数を基本にして、宇宙は進化してきたわけです。
2n→2という形で進化してきたわけです。
まさに、
(n+1)2=n2+2n+1であり、2nが進化係数に他ならない所以です。
そこで、
拙著「(静止)宇宙論(絶対性理論)」を下記引用します。

第三十一章 人類としての進化
人類の黎明期は50万年前の二本足原人(ホモエレクトス)であり、それ以前は人類ではなく猿類だ。
原人の中から突然変異種として第20代人類である旧人が出現した。
第20代目の誕生は、人口が220=1、048、576=104万(まん)8576人を超えた時期だ。
更に、
1万年前の人口は500万人だった。
旧人から新人という更に新しい種が誕生したのがおよそ1万年前で、その時の新人の数はおよそ500万人であったから、第22代目から第23代目だ。
第21代目の誕生は、人口が221=2、097、152=209万(まん)7152人を超えた時期だ。
第22代目の誕生は、人口が222=4、194、304=419万(まん)4304人を超えた時期だ。
第23代目の誕生は、人口が223=8、388、608=838万(まん)8608人を超えた時期だ。
1万年前に、我々人類の始祖である新人(ホモサピエンス)が狩猟型生活から農耕型生活に移行していった結果、紀元前4000年には8700万人という数に急膨張したのが、第26代目から第27代目だ。
第26代目の誕生は、人口が226=67、108、864=6710万(まん)8864人を超えた時期だ。
第27代目の誕生は、人口が227=134、217、728=1億(おく)3421万(まん)7728人を超えた時期だ。
紀元0年での人類の数が3億であったから、第28代目から第29代目だ。
第28代目の誕生は、人口が228=268、435、456=2億(おく)3421万(まん)7728人を超えた時期だ。
第29代目の誕生は、人口が229=536、870、912=5億(おく)3687万(まん)0912人を超えた時期だ。
紀元1500年での人類の数が4億3000万であったから、紀元0年と変わらず代替わりの節目がなかったことになる。
第30代目の誕生は、人口が230=1、073、741、824=10億(おく)7374万(まん)1824人を超えた時期だ。
人類の数が10億を超えた十九世紀が、第29代目から第30代目だ。
第31代目の誕生は、人口が231=2、147、483、648=21億(おく)4748万(まん)3648人を超えた時期だ。
第32代目の誕生は、人口が232=4、294、967、296=42億(おく)9496万(まん)7296人を超えた時期だ。
第33代目の誕生は、人口が233=8、589、934、592=85億(おく)8993万(まん)4592人を超えた時期だ。
十九世紀に10億に達した人類の数が二十世紀初頭には19億になり、二十世紀末には61億に達したから、二十世紀の100年間は第30代目から第32代目だ。
現在(2006年)における人類の数は65億を超え、二十一世紀中には100億を超えると予測されている。
第34代目の誕生は、人口が234=17、179、869、184=171億(おく)7986万(まん)9184人を超えた時期だ。
従って、
第33代目の新人類が登場するかどうかの分岐点が二十一世紀ということだ。

第三十二章 宇宙の中での進化
現在(2006年)における人類の数は65億を超えた。
第32代目の誕生は、人口が232=4、294、967、296=42億(おく)9496万(まん)7296人を超えた時期だ。
第33代目の誕生は、人口が233=8、589、934、592=85億(おく)8993万(まん)4592人を超えた時期だ。
従って、
我々現代人は第32代目の人類である。
一方、
人類の黎明期は50万年前の二本足原人(ホモエレクトス)であり、それ以前は人類ではなく猿類だ。
原人の中から突然変異種として第20代人類である旧人が出現した。
第20代目の誕生は、人口が220=1、048、576=104万(まん)8576人を超えた時期だ。
29万年には、原人と旧人が混在して100万人いた。
従って、
人類の歴史は、50万年前の原人から現代人までであり、その間に第19代人類から第32代人類までの進化を辿っている。
つまり、
人類の進化は、50万年間に十四代の進化をしたわけである。
一方、
宇宙の中での進化は、137億年前のビッグバンによる『運動の光と音の宇宙』誕生から50万年前の間に十九代の進化をしたことになる。
つまり、
137億年前にビッグバンが起こり『運動の光と音の宇宙』が誕生し、50億年前に太陽が誕生し、46億年前に地球が誕生し、36億年前に地球の中に生命体が誕生して以来の歴史が2=1個の宇宙から232=4、294、967、296=42億(おく)9496万(まん)7296人の人間の間に圧縮されているのである。

第三十三章 (相対)数字
人類の進化は、50万年間に十四代の進化をした。
一方、
宇宙の中での進化は、137億年前から50万年前の間十九代の進化をした。
つまり、
137億年前にビッグバンが起こり『運動の光と音の宇宙』が誕生し、50億年前に太陽が誕生し、46億年前に地球が誕生し、36億年前に地球の中に生命体が誕生して以来の歴史が2=1個の宇宙から232=4、294、967、296=42億(おく)9496万(まん)7296人の人間の間に圧縮されている。
従って、
=1個の宇宙から232=4、294、967、296人の人間まで進化している。
=1個の宇宙の誕生が、無から有を生むビッグバンに外ならない。
円回帰運動で言えば、誕生・生・死の誕生である。
振り子(ぶらんこ)運動で言えば、最初の運動開始点、つまり、最下点である。
H2O (水)の相転移で言えば、水蒸気から水に位相変化する凝縮現象の沸点(100℃)という静止点である。
静止・運動宇宙の静止点である。
実在・映像宇宙の実在観である。
絶対・相対性理論の絶対観である。
一〜二〜三の一である。
マイナス・ニュートラル・プラスのニュートラルである。
−1・0・+1の0である。
0・1・2の0である。
つまり、
我々が数字と考えている0・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・・・100・・・1000・・・(n)とは、2・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2(n)の(冪)指数に外ならない。
我々人間の基本にあるのは(相対)数字2である。
つまり、
我々人間は、二元論を基本にした考え方をする。
つまり、
我々人間は、相対論を基本にした考え方をする。
つまり、
我々人間は、運動を基本にした考え方をする。
つまり、
我々人間は、映像を基本にした考え方をする。
一方、
我々人間以外のものは、一元論を基本にした在り方をする。
一方、
我々人間以外のものは、絶対則を基本にした在り方をする。
一方、
我々人間以外のものは、静止を基本にした在り方をする。
一方、
我々人間以外のものは、実在を基本にした在り方をする。
結局の処、
我々人間は、過去・現在・未来という流れる時間の水平世界で生きていると錯覚している。
我々人間以外のものは、『今、ここ』という垂直世界で生きている。

第三十四章 (絶対)数字
我々人間は、二元論を基本にした考え方をする。
我々人間は、相対論を基本にした考え方をする。
我々人間は、運動を基本にした考え方をする。
我々人間は、映像を基本にした考え方をする。
従って、
我々人間の基本にあるのは(相対)数字2である。
従って、
我々が数字と考えている0・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・・・100・・・1000・・・(n)とは、2・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2(n)の(冪)指数に外ならない。
一方、
我々人間以外のものは、一元論を基本にした在り方をする。
我々人間以外のものは、絶対則を基本にした在り方をする。
我々人間以外のものは、静止を基本にした在り方をする。
我々人間以外のものは、実在を基本にした在り方をする。
従って、
我々人間以外の基本にあるのは(絶対)数字1である。
我々人間以外のものにとっては、すべてが1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1(n)、つまり(絶対)1しかない。
つまり、
数字の概念などない。
従って、
相対性理論は(相対)数字2で成立している。
絶対性理論は(絶対)数字1で成立している。

第三十五章 (絶対・相対)数字
相対性理論は(相対)数字2で成立している。
・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2(n)の(冪)指数0・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・・・100・・・1000・・・(n)が(相対)数字だ。
絶対性理論は(絶対)数字1で成立している。
・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1(n)、つまり(絶対)1が(絶対)数字だ。
一方、
絶対・相対性理論は(絶対・相対)数字3で成立している。
・3・3・3・・・310・・・3100・・・31000・・・3(n) = (1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)(n)が(絶対・相対)数字だ。
「二元論」・「全体と部分の相対性の法則」・「在り方と考え方」のそれぞれの固有項が(絶対)数字1であり、共有項が(相対)数字2である。
固有項が絶対性理論の側面であり、共有項が相対性理論の側面であり、固有項と共有項が混在するのが絶対・相対性理論の側面である。
つまり、
「二元論」と「全体と部分の相対性の法則」の共有項は、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の固有項になり、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の固有項は、「在り方と考え方」と「二元論」の共有項になる。
また、
「二元論」と「全体と部分の相対性の法則」の固有項は、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の共有項になり、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の共有項は、「在り方と考え方」と「二元論」の固有項になる。
つまり、
(1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)(n)の1(n)が(絶対)数字であり、2(n)が(相対)数字であり、(n*1(n-1)*2)・・・ (n*1*2(n-1))が(絶対・相対)数字だ。

第三十六章 絶対・相対的生き方
我々人間は、二元論を基本にした考え方をする。
我々人間は、相対論を基本にした考え方をする。
我々人間は、運動を基本にした考え方をする。
我々人間は、映像を基本にした考え方をする。
一方、
我々人間以外のものは、一元論を基本にした在り方をする。
我々人間以外のものは、絶対則を基本にした在り方をする。
我々人間以外のものは、静止を基本にした在り方をする。
我々人間以外のものは、実在を基本にした在り方をする。
従って、
我々人間は、一元論を基本にした在り方と二元論を基本にした考え方を超えた三元論的生き方をするべきだ。
従って、
我々人間は、絶対則を基本にした在り方と相対論を基本にした考え方を超えた絶対・相対論的生き方をするべきだ。
従って、
我々人間は、静止を基本にした在り方と運動を基本にした考え方を超えた静止・運動的生き方をするべきだ。
従って、
我々人間は、実在を基本にした在り方と映像を基本にした考え方を超えた実在・映像的生き方をするべきだ

第三十七章 進化
我々人間は、一元論を基本にした在り方と二元論を基本にした考え方を超えた三元論的生き方をするべきだ。
我々人間は、絶対則を基本にした在り方と相対論を基本にした考え方を超えた絶対・相対論的生き方をするべきだ。
我々人間は、静止を基本にした在り方と運動を基本にした考え方を超えた静止・運動的生き方をするべきだ。
我々人間は、実在を基本にした在り方と映像を基本にした考え方を超えた実在・映像的生き方をするべきだ。
つまり、
「一元論」+「二元論」が「三元論」に進化する。
「絶対則」+「相対論」が「絶対・相対論」に進化する。
「静止」+「運動」が「静止・運動」に進化する。
「実在」+「映像」が「実在・映像」に進化する。
つまり、
(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n) +(2・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2n)が[(1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)n ]に進化し、進化係数は(n*1(n-1)*2)・・・ (n*1*2(n-1))、つまり、2(n)に外ならない。
従って、
「一元論」+「二元論」=「三元論」ではない。
「絶対則」+「相対論」=「絶対・相対論」ではない。
「静止」+「運動」=「静止・運動」ではない。
「実在」+「映像」=「実在・映像」ではない。
従って、
1+2=3ではない。
つまり、
1+2が3に進化することだ。
つまり、
「超える」とは「進化する」ということだ。

第三十八章 進化係数(n)
「一元論」+「二元論」が「三元論」に進化する。
「絶対則」+「相対論」が「絶対・相対論」に進化する。
「静止」+「運動」が「静止・運動」に進化する。
「実在」+「映像」が「実在・映像」に進化する。
つまり、
「一元論」+「二元論」=「三元論」ではない。
「絶対則」+「相対論」=「絶対・相対論」ではない。
「静止」+「運動」=「静止・運動」ではない。
「実在」+「映像」=「実在・映像」ではない。
従って、
1+1=2ではない。
1+1が2に進化することだ。
(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n)+(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n)が[(1+1)・(1+1)・(1+1)・(1+1)・・・(1+1)10・・・(1+1)100・・・(1+1)1000・・・(1+1)n ]に進化し、進化係数は(n*1n-1*1)・・・ (n*1*1n-1)、つまり、(n)に外ならない。
従って、
1+2=3ではない。
1+2が3に進化することだ。
(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n)+(2・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2n)が[(1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)n]に進化し、進化係数は(n*1n-1*2)・・・ (n*1*2n-1)、つまり、2(n)に外ならない。

第三十九章 Nの世界とN乗の世界
宇宙はすべてNの世界ではなく、N乗の世界である。
従って、
映像宇宙であり、運動宇宙であり、相対宇宙であり、『運動の光と音の宇宙』である137億光年の拡がりを持つ有限宇宙は2(n)の世界ではなく、2nの世界である。
実在宇宙であり、静止宇宙であり、絶対宇宙であり、『静止の暗闇と沈黙の宇宙』である無限の宇宙は1(n)の世界ではなく、1nの世界である。
つまり、
1(n)の世界ではなく、1nの世界である。
2(n)の世界ではなく、2nの世界である。
3(n)の世界ではなく、3nの世界である。
更に、
1+1=2ではない。
1+1が2に進化することだ。
(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n)+(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n)が[(1+1)・(1+1)・(1+1)・(1+1)・・・(1+1)10・・・(1+1)100・・・(1+1)1000・・・(1+1)n ]に進化し、進化係数は(n*1n-1*1)・・・ (n*1*1n-1)、つまり、(n)に外ならない。
更に、
1+2=3ではない。
1+2が3に進化することだ。
(1・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n)+(2・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2n)が[(1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)n ]に進化し、進化係数は(n*1n-1*2)・・・ (n*1*2n-1)、つまり、2(n)に外ならない。
従って、
1(n)の世界ではなく、1nの世界である。
(1+1)(n)の世界ではなく、(1+1)nの世界である。
(1+2)(n)の世界ではなく、(1+2)nの世界である。
結局の処、
(a + b)の世界ではなく, (a + b)の世界であり、2abが進化係数である。
(a + b)の世界ではなく, (a + b)の世界であり、(3ab + 3a2b)が進化係数である。
(a + b+ c)の世界ではなく, (a + b +c)の世界であり、(2ab + 2bc +2ca)が進化係数である。
(a + b+ c)の世界ではなく, (a + b +c)の世界であり、(3ab + 3ab + 3bc + 3bc +3ca + 3ca + 6abc)が進化係数である。

第四十章 固有項(1)と共有項(2)
「二元論」・「全体と部分の相対性の法則」・「在り方と考え方」のそれぞれの固有項が(絶対)数字1であり、共有項が(相対)数字2である。
固有項が絶対性理論の側面であり、共有項が相対性理論の側面であり、固有項と共有項が混在するのが絶対・相対性理論の側面である。
つまり、
「二元論」と「全体と部分の相対性の法則」の共有項は、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の固有項になり、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の固有項は、「在り方と考え方」と「二元論」の共有項になる。
また、
「二元論」と「全体と部分の相対性の法則」の固有項は、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の共有項になり、「全体と部分の相対性の法則」と「在り方と考え方」の共有項は、「在り方と考え方」と「二元論」の固有項になる。
つまり、
(1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)nの1nが(絶対)数字であり、2nが(相対)数字であり、(n*1n-1*2)・・・ (n*1*2n-1)、つまり、2(n)が(絶対・相対)数字だ。
1(n)の世界ではなく、1nの世界である。
(1+1)(n)の世界ではなく、(1+1)nの世界である。
(1+2)(n)の世界ではなく、(1+2)nの世界である。
(a + b)の世界ではなく, (a + b)の世界であり、2abが進化係数である。
(a + b3)の世界ではなく, (a + b)3の世界であり、(3ab + 3a2b)が進化係数である。
(a + b+ c)の世界ではなく, (a + b +c)の世界であり、(2ab + 2bc +2ca)が進化係数である。
(a + b+ c)の世界ではなく, (a + b +c)の世界であり、(3ab + 3ab + 3bc2 + 3b2c +3ca + 3ca + 6abc)が進化係数である。
つまり、
「二元論(a*b)」・「全体と部分の相対性の法則(b*c)」・「在り方と考え方(c*a)」で構築された三次元立体の表面積(二次元)は、(a + b+ c)ではなく、(2ab + 2bc +2ca)であり、体積(三次元)は(a + b+ c)ではなく、(abc)であることがその証左だ。
まさに、
2n個の自然数を基本にして、運動宇宙は進化してきたわけです。
2n→2という形で進化してきたわけです。
これは一体何を意味しているのでしょうか?
まさに、
進化するとは変化することであり、
変化するとは運動することに他ならないのです。
つまり、
137億年前にビッグバンによって誕生して以来(2)、
69億の人口まで達した現代人(232と233の間)までの、
宇宙、
地球、
自然、
とは2n→2という形で進化してきたわけです。
そこで、
2n→2という形で進化してきた
宇宙、
地球、
自然には「七の法則」というものが働いています。
先ず、
静止絶対宇宙から、137億年前にビッグバンによって誕生して以来(2)の宇宙とは、運動相対宇宙のことです。
つまり、
(1)静止絶対宇宙
(2)運動相対宇宙
(3)運動銀河宇宙
(4)運動恒星宇宙
(5)運動太陽系(恒星系)惑星群
(6)運動地球(惑星)宇宙
(7)運動月(衛星)宇宙
そして、
(7)運動月(衛星)宇宙が進化の最先端です。
なぜなら、
(7)運動月(衛星)宇宙には子供の星がないからです。
まさに、
宇宙は、七段階の進化を辿ってきたのです。
つまり、
絶対宇宙においては、
・1・1・1・・・110・・・1100・・・11000・・・1n
すなわち、
静止状態である。
一方、
相対宇宙においては、
・2・2・2・・・210・・・2100・・・21000・・・2n
すなわち、
nという形で進化(変化・運動)する。
一方、
絶対・相対宇宙においては、
(1+2)・(1+2)・(1+2)・(1+2)・・・(1+2)10・・・(1+2)100・・・(1+2)1000・・・(1+2)n
すなわち、
(1+2)nという形で進化する。
つまり、
1+2=3ではなく、
1+2→3に進化するのです。
まさに、
素数の世界とは、
絶対数(1n)の世界

相対数(2n)の世界

絶対・相対数(3n)の世界に進化したものに他ならない。
従って、
ゼロ、一、2、3、5、7・・・(n)、(n+一)・・・一、ゼロという有限素数とは、ゼロ(始点)、絶対数(1n)、相対数(2n)、絶対・相対数(3n)、相対数(2n)、絶対数(1n)、ゼロ(終点)という円回帰運動する。
そして、
2、3、5、7・・・という無限素数とは、0、1、2・・・3、5、7・・・2、1、0、という有限素数の中の・・・3、5、7・・・に他ならないのです。
まさに、
七の法則の所以です。
従って、
真の素数とは、
2、3、5、7、11・・・ではなく、
・・・3、5、7・・・ではないでしょうか。
従来の素数2、3、5、7、11・・・で2だけが特別扱いされている理由がここにあるのではないでしょうか。
更に、
7から11にジャンプする素数も除外して、双子素数だけで構成する素数とすれば、法則性が見出せるかもしれません。
そこで、
素数の中で唯一2だけが偶数で、その他はすべて奇数です。
なぜなら、
素数の定義を思い出してください。
つまり、
素数とは、
「1よりも大きく、1と自分自身では割り切れるが、それ以外の数では割り切れない数」のことです。
言い換えれば、
偶数なら必ず2で割り切れるからです。
従って、
真の素数とは、
2、3、5、7、11・・・ではなく、
・・・3、5、7・・・であったのです。
更に、
三つ子素数というものがあります。
つまり、
三つの素数の間の数が1であるものですが、3、5、7の一組しかありません。
そして、
その証明は以下の通りです。
先ず、
三つ子素数を、
(2n+1)、(2n+3)、(2n+5)とします。
ただし、
n=1、2、3・・・という自然数です。
(1)(2n+1)を3で割った余りを1とすると、
   (2n+3)を3で割った余りは0となり、
   (2n+3)が3の倍数となって素数とはならない。
(2)(2n+1)を3で割った余りを2とすると、
   (2n+5)を3で割った余りは0となり、
   (2n+5)が3の倍数となって素数とはならない。
(3)(1)、(2)により(2n+1)は3の倍数となり、
    その中、素数となるのは3のみである。
以上(1)、(2)、(3)より三つ子素数は(3、5、7)だけである。
まさに、
ユークリッドが、素数が無限に存在することを証明した背理法も、自然数(n)を基にしたように、
三つ子素数が、唯一(3、5、7)であることを証明した方法も同じ背理法であり、やはり、自然数(n)を基にしています。
まさに、
非現実的な一次曲線(直線)の数学の世界で論じることは、まさに、ミイラ取りがミイラになることに他ならないのです。
一方、
素数のみならず、双子素数も無限に存在すると云われています。
そこで、
双子素数だけの素数を自然数100まで羅列してみましょう。
3、5、
5、7
11、13、
17、19
29、31、
41、43、
59、61、
71、73、
そして、
現在発見されている最大の双子素数は、65,516,468,355 × 2333,333 ± 1までです。
因みに、
現在発見されている最大の素数は、243,112,609 ‐1までです。
言い換えれば、
現在発見されている最大の素数は、12、978、189桁までです。
一方、
前述したように、
現在発見されている最大の双子素数は100、355桁までです。
結局の処、
現代科学が主張していることを纏めますと、
(1)自然数0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11・・・n、(n+1)は無限に存在する。
(2)素数2、3、5、7、11・・・・も無限に存在するが、自然数のように表現する術が未だにわからず、
   わかっているのは12、978、189桁の243,112,609 ‐1までです。
(3)双子素数
   3、5、
5、7
11、13、
17、19
29、31、
41、43、
59、61、
71、73・・・も無限に存在するが、自然数のように表現する術が未だにわからず、
   わかっているのは、100、355桁の65,516,468,355 × 2333,333 ± 1までです。
(4)三つ子素数は3、5、7だけです。
そうしますと、
自然数0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10・・・100・・・1000・・・1億・・・1兆・・・1京・・・1垓・・・1杼・・・1穣・・・n、(n+1)・・・の基本になっている数は飽くまで、
0、1、2、3、4、5、6、7、8、9しかありません。
更に、
0はゼロという基本中の基本の数です。
1は一という基本中の応用の数であり、しかも奇数の基本の数です。
2は偶数の基本の数です。
4、6、8は応用中の応用の合成数であり、偶数の派生数です。
9は応用中の応用の合成数である、奇数の派生数です。
3、5、7は唯一の三つ子素数です。
まさに、
数の概念の基本が以上であり、それ以上の数は人間が勝手に決めただけのことであり、宇宙には何の関係もありません。
−完−