第八十八章 水平の世間

世間は 水平的であり 量的である

世界は 垂直的であり 質的である

どぶねずみは 世間に生きる

だから 先陣を走りたがる

二十日ねずみは 世界に生きる

だから 殿を走りたがる

先陣を走るのは 外見を気にする

殿を走るのは 中身を気にする

外見とは量的だ

中身とは質的だ

外見を気にする どぶねずみの量的世間は水平的だ