第八十六章 成れの果て

地獄とは どぶ(溝)のことだ

己の心の中の どぶ(溝)のことだ

どぶねずみも 生まれた時は 真っ白な二十日ねずみだった

生きてゆく中で どぶに塗れるようになった

己の心が どぶに塗れるに連れて 外観も どぶに塗れる

心の状況が 外観に現われる

外観を美しくしたいなら 先ず 心を美しくすることだ

どぶ(溝)ねずみは 成れの果てだ