第八十五章 天国の正体

ヨシ吉もシオ吉も 組織で生きている

だから彼らはどぶねずみだ

己以外のモノも すべて現実だと思っている

だから 己の足下は 他人の灯火で照らす

金太も桃太も 独りで生きている

だから彼らは二十日ねずみだ

己以外のモノは すべて映像だということを知っている

だから 己の足下は 己の灯火で照らす

独りになれば 煌々とした世界だ

だから 独りになることを怖れない

だから 死ぬことを怖れない

それが 天国の正体だ