第五十九章 どぶねずみの出世

どぶねずみは 所詮 どぶねずみだ

懲りねえ野郎だ!

高見の見物をしていた鬼のヘイ吉が 臍を噬んだ

二十日ねずみは 己を知っている

分相応ということを知っている

どぶねずみって野郎は まるで分相応を弁えていねえ!

どぶねずみの正業が 盗人稼業なんでい!

それを 瓦版稼業だと!

分不相応も甚だしいじゃねえか!

盗人稼業の親分ってこたあ 悪の極みってことだ!

それを出世だと!

それをこの世的成功だと!

ふざけるんじゃねええ!