第四十八章 決断

この野郎! いい加減にしろい!

ヨシ吉は 青い面と赤い面を 持っている

普段は 青い面で生きているが いざとなると赤い面を露呈する

ヘイ吉に怒鳴りあげられて いざの状態になったヨシ吉の面が真っ赤になる

ポーカー・フェースになれないのだ

シオ吉は 生まれてから此の方 ずっと ポーカー・フェースだ

どくろのシオ吉の所以である

てめえ! 己を知れってえんだい!

てめえの心の内は 丸見えでい!

てめえ! 鞍替えしようってえのかい!

ヘイ吉のこの言葉で ヨシ吉はすぐに察した

やはり 先伸ばしは できねえんだ!

ヨシ吉の決断の時が 遂にやって来たのだ