第三十九章 ユティリティープレーヤー

鬼のヘイ吉は 金太と桃太を ヨシ吉とシオ吉の密偵として送り込むことにした

ヨシ吉に対抗するのが金太だ

おつむりには おつむりで対抗するしかない

シオ吉に対抗するのが桃太だ

迎合には 迎合で対抗するしかない

長いものに巻かれるのが シオ吉の取り得なら

短いものに巻かれるのが 桃太の取り得だ

シオ吉に対抗するには 桃太の超大阿呆が必要だった

シオ吉というどぶねずみは 一筋縄ではいかない困った性癖を持っている

そんなシオ吉に対抗するには、結局の処、超大阿呆が絶対に必要だ。

まさに 金太はユティリティープレーヤーだが 桃太は専属馬鹿だ

先ずは ユティリティープレーヤーの金太から 話をはじめよう