第二十九章 繋ぎ役

シオ吉は いそいそとセオ吉の動向を探りはじめた

お仕置きをするには それなりの段取りがいるらしい

それが お仕置きの世界の為来りだ

シオ吉は 内心思った

シメタ!

あっしの十八番(おはこ)はこれだ!

お仕置きの世界の為来りの中で 繋ぎ役という役目がある

盗人稼業の世界の為来りの中でも 繋ぎ役という役目がある

大抵は 盗人の親分の情婦が努める 引き込みという役目がある

何年も掛けてお勤め先の詳細情報を探るのが引き込みだ

引き込みと親分との間を 繋ぎ役が努める

実に甘くもあり 危険と快感を兼ね備えた お努めだ

シメタ!

あっしの十八番(おはこ)はこれだ!