第二十七章 凡庸と下衆

鬼のヘイ吉は 経験主義者だ

凡庸のひとさま(人様)とは 一味違う

凡庸のひとさま(人様)は 知識を重んじる

どぶねずみが ヘイ吉を鬼と怖れる理由だ

どぶねずみは 凡庸のひとさま(人様)など糞食らえと思っている

凡庸のひとさま(人様)は どぶねずみなど下衆だと思っている

凡庸と下衆が おたがい愚弄し合って いってい何の意味がある!

再び ヘイ吉の登場が望まれる事態がやってきたのだ!