第二十三章 鉄の雨

言葉の遊びをしていた彼奴らに 鉄の雨が襲ってきた

ヨシ吉つぁん そりゃ言わんこっちゃない!

とうとう鬼神さまが 我慢の鼻緒を切られなさった!

シオ吉つぁん 鬼神さまちゅうのは 鬼のヘイ吉さまのことで?

懲りもせずに あいもかわらず 言葉の遊びをするヨシ吉だ

ミノ吉大親分の死以来 ヘイ吉を避けてきたお釣りだ

この世的成功は この世的失敗の 典型的症状がヨシ吉だ

幸い中の不幸が シオ吉だ

不幸中の幸いに活かせない

もう一歩の踏み込みが足らないのだ

鉄の雨は シオ吉にも当然襲ってきた