第二十二章 もうまもなくだ!

ヨシ吉つぁん 事態は刻一刻と迫っていますぜ!

シオ吉が珍しく神妙な面持ちで言う

シオ吉は 神妙でなくても神妙に見える

そこが奴の得手であるのに それを不得手だと勘違いしている

シオ吉つぁん それがどうかしたんで?

ヨシ吉の赤面顔が珍しく青面顔になった

ヨシ吉は 青面顔でなくても赤面顔に見える

そこが奴の得手であるのに それを不得手だと勘違いしている

どぶねずみは ほんらい どぶねずみ色というモノクロだ

それがカメレオンのように 七色変化だ

鬼のヘイ吉が 一番嫌うことだ

分不相応の輩が 一番嫌いだ

出来の悪い癖に 出来が好いと勘違いする

総天然色の活動写真なんて 絵に描いた餅だ

もうまもなくだ!