第十六章 もごもご

ヘイ吉の狙いを承知するシオ吉だが その場を凌ぐのがシオ吉の十八番(おはこ)だ

ヨシ吉がシオ吉を軽蔑するのは この十八番だ

わかっていて やらない

シオ吉は ぬけぬけと言う

わかっちゃいるけど やめられない!

シオ吉つぁん 原点に戻ることがていせつじゃないかい?

ヨシ吉の情けに やっと気づいたシオ吉

ヨシ吉つぁん 申し訳ござんせん

ヘイ吉さまの 言伝をつい忘れていやした

忘れていたんじゃねえだろう! 言う気がなかっただけじゃねえか!

口を抑えて 肝で喋るヨシ吉だ

はやく言わねえか!

口をもごもごさせるシオ吉

肝で抑えて 口で喋るシオ吉だ

はやく言わねえか!

世の中が天国になるのも 世の中が地獄になるのも

すべては このもごもごの所為だ

はやく言わねえか!

はやく言わねえか!

もごもご!

もごもご!