第百三十三章 桃太の勝鬨

ヨシ吉の策は 1・2・3・・・N・・・∞だ

桃太の策は 0だ

その間に 行司の1=2=3・・・・・・=N・・・・∞=1がいる

ヨシ吉の策の1・2・3・・・N・・・∞の上に 桃太の策の0がいる

畢竟 勝負は 桃太の勝ちだ

まいりました!

ヨシ吉は とうとう 音を吐いた

桃太は 勝利の勝鬨を上げた

うううううう!