第百十七章 多少の差

ヨシ吉の了見は狭かった

小才に走る奴の 宿命だ

シオ吉の了見と変わりない

自分では 了見が広いと自負してきたヨシ吉だった

同じどぶねずみのシオ吉を 馬鹿にしてきたヨシ吉だった

どぶねずみの了見に 広いも 狭いもない

奴らの了見は ただ 小さいだけなのだ

大と小の違いを 多い少ないの違いと 勘違いしている

ヨシ吉は 小賢しい

シオ吉は 小馬鹿

その違いは 大差ない

桃太には そんな差など 通用しなかった