人楽(ひぐれ)の季節

神も楽しむ紅葉の季節

紅い色は神の怒りを表わす

神楽(かぐら)の月は神が怒るとき

神にとっての楽しみは

愚かな人間を叱ること

今年もまたやって来た

神楽(かぐら)の月は人苦(しんく)の月

そして間もなく神は走り去る

師走の月がやって来る

そのとき人苦(しんく)の季節が

人楽(ひぐれ)の季節に移っている

日暮のあとには正月(ただしい月)が待っている

元旦とは元に戻る一の日のこと