四季(よつとき)の詩

一季(ひととき)の花

華々しく咲き

さびしく散る

二季(ふたとき)の風

雄々しく叫び

雌々しく泣く

三季(みつとき)の空

鮮やかに開き

静かに閉じる

四季(よつとき)の詩

胸高鳴り歌い

人さがし唄い

涙隠して詠い

季流れて詩う

一季(ひととき)の歌

二季(ふたとき)の唄

三季(みつとき)の詠

四季(よつとき)の詩

『四季(よつとき)の詩』−終わり−