ただの秋

寒くなれば 初冬といい

暖かくなれば 初秋という

初(ういし)とは 思いもかけぬこと

肌寒くなれば 晩秋といい

生暖かくなれば 晩夏という

晩(ひぐれ)とは 思いも届かぬこと

その合間にただの秋がある

ただほど高価なものはない