第九十六話 平凡と非凡

金閣寺でのおだやかな日々が過ぎていった。
近い将来に大事を控えている人間の日々は、淡々と過ぎ去っていくものである。
人間の自我意識は平凡さの中に悦びを見出さないで、非凡さの中に見出そうとする。
すべての人間が平凡さを忌み嫌い、非凡さを求め続ける。
それでは平凡の平凡たる所以は何処かへ雲散霧消してしまう、非凡の非凡たる所以も何処かへ収束してしまう。
平凡の特性は散在してしまう処にあり、非凡の特性は収束してしまう処にあるが、この法則は厳然と働く。
時間の概念は、人間社会だけにあるものだ。
時の流れは、すべて動くものの世界にあるものだ。
夢の世界では時の流れは在るが、時間の観念は無い。
現実の世界は時間の観念は在るが、時の流れは無い。
決行の日である5月5日まで一ヶ月を切った雄仁の精神状態に異変が生じた。
今まで、俗世にいながらにして時の流れの中で生きてきた雄仁だった。
5月5日と具体的な時間が意識下に入ってしまうと、時の流れに身を任せることができなくなる。
その瞬間(とき)から、雄仁は時間を意識するようになった。
一方、南野たけしは先天的厭世主義者である故に、常に時の流れの中で生きている。
ナチュラルなたけしに対し、雄仁は万世一系の血の所為だ。
鏡湖池に足を浸しながら、雄仁とたけしはおだやかな春を楽しんでいたが、ふたりの中味はまったく正反対であった。
雄仁は必至に取り繕う。
たけしは自然に取り繕う。
必至と自然の違いは、取り繕う意味を逆転してしまう。
ふたりの表情にその違いが歴然と表れていた。
「いい季節ですなあ!」
雄仁は言う。
「まったくその通りで・・・」
たけしが応える。
「いやあ!あまりの穏やかな一日で、心が洗われる想いですなあ!」
雄仁が言う。
「そうですか!それは何よりのことです・・・」
たけしが応える。
「心の垢が、この日差しで溶けていくようですなあ!」
雄仁が言う。
「・・・」
「心がほのぼのとしてくる感じでしょうか・・・」
ジャブだ!
雄仁が言う。
「鯉たちも、春ののどかさを楽しんでいるようですなあ!」
雄仁が言う?
「・・・」
たけしは頭を垂れたままだ。
「あの鯉たちのように、人間も仲よくすれば、この世の春を謳歌できるのでしょうなあ!」
雄仁が言う。
「まったくその通りで・・・」
たけしはナチュラルに応えた。
必至と自然の違いはこれほど大きいものである。
必至は必死に繋がり必然を捏造する。
自然は飽くまで偶然である。
必然は人間が勝手につくった神の概念と同じで虚しいものだ。
偶然は自然がつくった空しいものだ。
勝負あり!