瞼は心の段幕

段幕が上がれば 人が変る役者

すべては ドラマ

悪人でも 善人でも 何でも ござれ

演じれぬものは ない

観衆の一挙手一投足 みんな お見通し

ひとたび 段幕が下りれば まるで 別人

目も口も耳も感じるものは シャットアウト

ただただ 我が独りの世界

いやでも おかしくなるのは あたりまえ

昼間は あなたも 舞台の役者

夜に心の段幕を下すとき ほっとする

だけど あなたは すぐ次の 舞台が待っている

夢の舞台に 段幕は ない

あなたは 一生 大根役者


(参考)心の旅の案内書 〜 LOOKING


Copyright 2000 MEC Corporation All rights reserved.

E-Mail : webmaster@mec-net.com