紅い花

                松原 史明 作

昨日の夢を追いかけて

今夜もひとりざめわきに遊ぶ

昔の自分がなつかしくなり

酒をあおる

騒いで飲んでいるうちに

こんなに早く時は過ぎるのか

琥珀のグラスに浮かんで消える

虹色の夢

紅い花

想いをこめてささげた恋唄

あの日あの頃は 今どこに

いつか消えた夢ひとつ


悩んだあとの苦笑い

くやんでみても時は戻らない

疲れた自分が愛しくなって

酒にうたう

いつしか外は雨の音

乾いた胸が思い出に濡れて

灯かりがチラチラ歪んでうつる

あの日のように

紅い花

踏みにじられて流れた恋唄

あの日あの頃は 今どこに

いつか消えた影ひとつ

紅い花

暗闇の中むなしい恋唄

あの日あの頃は 今どこに

今日も消える夢ひとつ