男と女

人間には いろいろな 区分けがある

肉体的な 区分け 精神的な区分け

肉体的な区分けには 男と女 親と子 兄弟姉妹 肉親他人

精神的な区分けには 男と女 好き嫌い 知人他人

だが結局 最後には 男と女の区分けしかない

それは 肉体的にも 精神的にも

それ以外は すべて 人間の心が 捏造(つくりあげた)もの

むかしむかしには 父子の区分けも 夫婦の区分けもなかった

あるのは 母子の区分けだけ その横にたくさんの叔父さんという男がいただけ

それが 知人他人という人間の造った区分け

兄弟姉妹は 知人から他人へ 他人から赤の他人へ 赤の他人から 好き嫌い

結局 残るのは 男と女 それ以外は 錯覚の産物

男と女が どうするかは その当人の問題

永遠に埋められない溝を どうするかは その男と女が決めること

そこにいるのは 男と女だけ