消えゆく汽笛

遠くで聞こえる 汽笛の響き

年老いた父の 精一杯の叫び

去りゆく人の 泣き声に似て

いつか云った 父の言葉が

こだまする

谷間に響き もどってくる

えらくなれ!

えらくなれ!

明治の男の言霊が

いまでも聞こえる

消えていく汽笛に乗って