薄微笑(はくびしょう)

あの日の面影(きみ)を偲んでは

今夜も心が騒めく

あの日の自分が恨めしくなり

悔詩(うた)を綴る

泣いて呟く自分に呆れて

夜の帷が薄微笑(はくびしょう)

白い原稿(かみ)に浮かびあがる

恨み節

どす黒い自分に反吐を吐いては

今夜も想いが叫ぶ

あの夜のあなたが愛しくなり

悔恨(ごめん)と綴る

喘いで囁く自分に憐憫(わび)して

夜の帷が薄微笑(はくびしょう)