リアルな橋

橋は 川にかかるものだけではない

あいだに 渡れぬ くぼみがあるとき 橋が 要る

山 と 谷   (でこ)凸 と 凹(ぼこ)

その くぼみ 凹 の深さは いろいろだ

歩いては 行けない 場所がある

だから 橋が 要る

世の中は あちこち (でこぼこ)凸凹だらけ

平たいところは ほとんどない

そして そこには 橋はない

大きな (でこぼこ)凸凹には たいてい 橋がある

道の案内板も ある

だけど 小さな (でこぼこ)凸凹には 橋はない

生きるとは 小さな (でこぼこ)凸凹の 連続

しかも 渡る橋が ない

橋がなければ あなたは どうする

立ち止まるか 引きかえすか

それでは あなたは 生きていない

それなら ジャンプするか

それが 生きる勇気

それとも みずから 橋をかけるか

それが 生きる努力

男 と 女 のあいだには

深い(でこぼこ)凸凹 長い(でこぼこ)凸凹

そこに 橋をかけるのが 愛

そこを ジャンプするのが 恋

橋をかけずに 端と端

お互い 立ち止まって 大きな声で 会話する

それが 結婚するということ

大きな声で 会話することが

結婚した ふたりのあいだを かける 橋

会話が止まれば なにもない

恋は ジャンプする エキサイティングなこと

愛は リアルな橋をかける 真実なこと

あなたは 今 どんな (でこぼこ)凸凹の前に 立っている

リアルな橋を かけるのが 生きてるあかし