(その八) 重力と死

お年寄りになると時間の経つのが速く感じられます。
これは地球の重力と深く関わっている。
星に限らず、独楽でもそうですが、回転するものは皆、重いほど速く回転するようになっているのです。
お年寄りになると性欲がますます強くなっていきます。
これも地球の重力と深く関わっている。
時間が速く経つと感じることは、地球の回転が速く感じるられることで、重力(重さ)を強く感じているのです。
地球の重力を強く感じると性欲が増大します。
「寿命」とはなかなか的を射た言葉でして、寿命に近づくほど性欲が強くなっていくから、「寿(ことぶき)」と言って祝い事になる。
我々はそもそも地球自身なのですから、死ねば地球に戻るのが当たり前なのです。
寿命が近づくと、地球が“はやく戻ってこい!”と叫んで引っ張るわけです。
それが重力を増す原因であり、重力が増すと回転が速くなり、時間が経つのが速く感じられるのです。
死が近づけば近づくほど性欲が強くなるのが自然なのです。
性欲と寿命とは反比例するわけですが、命に関わることはすべて地球の重力に関わりがある。
生命、使命、運命、宿命・・・
そしてやがて地球の重力に完全に吸い込まれる。
それが死です。
いい加減に・・・してもらいたいものです。