第七十四章 “自分さえ好かったらいい!”→“自分も好くなる!”

鍵穴がはじめにありきだ。
そうすれば、
鍵が必要になってくる。
まさに、
“先ず他人が好かったらいい!”という考え方がはじめにありきだ。
そうすれば、
“自分も好くなる!” という考え方が追従してくる。
“自分さえ好かったらいい!”ではなく、
“自分も好くなる!”だ。
まさに、
鍵づくりが間違っていたのだ。