第六十三章 悟り & 迷い

人間が悟るとは、
自覚症状のない音痴を正常に戻すことに過ぎない。
では、
自分が音痴であることを自覚するにはどうしたらいいか?
まさに、
自分のすべてを否定することだ。
まさに、
自分のすべてを否定することが、
自分のすべてを肯定することに通じるのである。