第六十章 重なり合っている悟りと錯覚

悟りとは、錯覚していることを自覚することに他ならない。
従って、
悟りと錯覚は表裏一体のコインに他ならない。
従って、
悟りと錯覚は補完関係にある。
従って、
悟りと錯覚は1対1で重なり合っているのである。