第五十九章 悟り=錯覚の自覚

悟りとは自覚に他ならない。
そして、
自覚するとは、音痴(錯覚)であることを自覚することに他ならない。
まさに、
悟りとは、錯覚していることを自覚することに他ならない。