第五十七章 悟りがはじめにありき

自己想起があるから、
葛藤がある。
この真実は一体何を示唆しているのだろうか?
まさに、
悟りがあるから、
苦労があるのが真実だ。
ところが、
人間は錯覚している。
苦労があるから、
悟りがあると。
まさに、
悟りがあるから、
苦労があるのが真実だ。