第五十二章 葛藤

ホンモノの自分を想い起こす。
まさに、
自己想起こそ鍵である。
そして、
自己想起するには熱が要る。
そして、
熱源は葛藤という摩擦熱によって生じたものである。
従って、
自己想起が鍵なら、
葛藤は鍵穴に他ならない。