第五章 生きている人間は映像人間

誕生ははじまりだ。
死はおわりだ。
始点と終点の問題と言い換えてもいいだろう。
そこで、
なぜ地球は自転と公転をしているのだろうか?
地球だけではない。
他の惑星も恒星の太陽も自転と公転をしている。
結局の処、
宇宙は円運動をしている。
そうすると、
始点と終点は同じ場所ということになる。
更に、
始点と終点の間には必ず円周があることになる。
まさに、
強い人間原理では、
生きている人間は円周人間ということになるだろう。
言い換えれば、
生きている人間は映像人間ということになるだろう。
なぜならば、
始点=終点は点という実在だが、
間の円周は実在しないただの映像だから。