第四十七章 他人=ニセモノの自分

自分以外、すなわち、世間とは映像に他ならない。
そして、
世間の代表が他人という映像である。
だから、
他人は無数にいる。
まさに、
他人=Others の意味である。
だから、
自己の内に巣食う「ニセモノの自分」も無数にいる。
まさに、
自己の内に巣食う「ニセモノの自分」=他人に他ならない。
だから、
自己の内に巣食う「ニセモノの自分」=他人=映像に他ならない。