第四十章 ホンモノの証

自分が死を怖れている。
一方、
・・・・は死を怖れていない。
まさに、
死を怖れていることこそが、自分である証である。
逆に言えば、
死を怖れていない・・・・こそ、ホンモノの証である。