第三十三章 蓄積(記憶)が元凶

記憶が元凶である所以は、蓄積する本質にある。
まさに、
記憶とは、蓄積する行為に他ならないのである。
従って、
モノであっても、お金であっても、すなわち、有形のものであっても、
無形のものであっても、蓄積することが元凶なのである。
まさに、
自我意識が問題である証明だ。
なぜなら、
自我意識の正体が記憶だからである。