第十八章 真の輪廻転生

死は唯一である。
生は無数である。
従って、
死が唯一実在するものである。
生は無数に映る映像に過ぎない。
宗教家は神聖ぶって言う。
肉体は死んでも魂は永遠である。
そんなことは誰でも知っている。
まさに、
死は唯一である。
生は無数である。
従って、
死が唯一実在するものである。
生は無数に映る映像に過ぎない。
まさに、
魂は死んでも肉体は永遠なのである。