第四章 分裂症社会が支配・被支配二層構造社会の産みの親

狩猟型生活から農耕型生活に移行した12000年前以来続いてきた人類の文明社会=間違った社会とは、本音と建前の分裂症社会だった。
まさに、
貧富二元論の概念が誕生した所以だ。
まさに、
文明社会と呼ばれる所以がここにある。
その結果、
文明社会の黎明期から、富める者と貧しき者の二層構造の区分け社会が形成され、延いては、富める者が支配する者、貧しき者が支配される者の二層構造の差別社会が誕生したのである。
まさに、
文明社会の最大の元凶が、この支配・被支配二層構造の差別社会の誕生にあったと言っても決して過言ではない。
古代奴隷時代、中世封建時代、近代民主主義時代を貫いて存在する奴隷問題は、支配・被支配二層構造の差別社会の誕生の瞬間からはじまったのである。